スキップしてメイン コンテンツへ

 none
Visual Studio 2017の新規プロジェクトで、KMDFドライバを新規作成する画面について RRS feed

  • 質問

  • お世話になっております。

    Visual Studio2017でKMDFドライバをC++で新規作成する場合、下の「Kernel Mode Driver, Empty(KMDF)」で正しいでしょうか。

    「テスト」の下階層にあることに違和感があり(VS2015では「Windows Driver」の下階層)、テスト用の別な機能かもしれないと考え、

    質問させて頂きました。

    2018年10月13日 4:10

すべての返信

  • cdefg さん、こんにちは。フォーラム オペレーターの立花です。
    MSDN フォーラムへご投稿くださいましてありがとうございます。

    私の環境で確認したところ、Visual Studio 2015 と同様に、
    [Visual c++] 配下の [Windows Drivers] が存在してました。

    ※テストの中に Driver 関連のテンプレートはありませんでした。

    一度 Visual Studio 2017 の WDK 拡張機能を無効化したりして
    変化がないかお試しされてはいかがでしょうか。

    確認環境
    Visual Studio Enterprise 2017 (15.7.3)
    Windows Driver Kit : 10.1.17134.1
    Windows Driver Kit (VS 拡張機能) : 10.0.17110.0


    参考になった投稿には回答としてマークの設定にご協力ください
    MSDN/TechNet Community Support 立花楓

    2018年10月15日 2:48
    モデレータ
  • WDK 拡張機能の有効、無効化も修正候補ですが。複数バージョンのWDKを上書きインストールしている場合など、時として設定が狂ってしまう場合があります。まずは、Visual Studio自体の更新を試してみてください。それでもだめなら、SDK, WDKアンインストールと再インストールを試してみてはいかがでしょうか。
    2019年2月11日 6:08
    モデレータ
  • 回答ありがとうございます。

    無効化により「Kernel Mode Driver, Empty(KMDF)」は消えましたが、再度有効化したところ、やはり「テスト」の下階層に表示されてしまいました。

    連絡が遅れて申し訳ありませんでした。

    2019年5月16日 1:03
  • 回答ありがとうございます。

    複数バージョンのWDKを避けるため、Windows 10を新規にインストール後、VS2017→WDK1803の順にインストールしても結果は同じでした。

    *VS2017→WDK1803は、https://blogs.msdn.microsoft.com/jpwdkblog/2018/05/11/wdk-for-windows-10-version-1803/に示されている方法でインストール

    *VS2017はMSDNサブスクリプションで入手したもの(ver 15.9)

    また、インストールしたWDKが10.0.17134.1(WDK1803)であるにも関わらず、VS2017に表示されるWDKが10.0.17110.1002(WDK???)である点に気が付きました。

    *VS2017 15.9に10.0.17134.12のSDK(オプション)、10.0.17134.1のWDKを適用する方針です

    何かの原因でインストールが正常でないのかも知れません。

    連絡が遅くなり、申し訳ありませんでした。

    2019年5月16日 1:58