スキップしてメイン コンテンツへ

 none
Windows8でWHQL認証を取るには? RRS feed

  • 質問

  • Windows 8 Release Previewを使用して認証試験を実施する事は可能でしょうか?

    申し訳御座いませんが、ど素人なもので、認証取得に参考になる情報等を解り易く説明

    しているサイト等がありましたら、ご紹介の程宜しくお願い致します。

    • 移動 Mike Wang (MSCS) 2012年10月2日 13:01 (移動元:Windows デバイスドライバー開発)
    2012年9月20日 2:28

回答

  • まず、WHQLという用語はWindows Vistaのリリース以降は使いませんので、ご注意下さい。
    相当する用語としては、Windows 7の時代まではWindos Logo Programと呼んでいました。
    現在はこの名前から、新しい「Windows ハードウェア認定プログラム」 (Windows Hardware Certification Program) という名前に移行中です。

    > Windows 8 Release Previewを使用して認証試験を実施する事は可能でしょうか?

    テストを実行することは可能ですが、その結果で申請することはできません。申請にはRTM版を使用したテストが必要です。

    > 認証取得に参考になる情報等を解り易く説明しているサイト

    ハードウェア キット・ツール・認定・ダッシュボードのサポート

    http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/hardware/gg454528.aspx

    申請先

    Windows デベロッパー センター - ハードウェア ダッシュボード サービス

    http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/hardware/gg463091.aspx

    2012年9月20日 19:16
    モデレータ
  • まず、誤りを訂正させてください。Windows 7 の件で最新の情報を調べましたところ、次のことがわかりました。

    Windows 8に関しては、現時点では Release Preview版での申請も受け付けています。
    RTM版の使用は、次のスケジュールで必須となります。勿論現在、RTM版での申請も受け付けていますし、その方がお勧めです。

    ◆ Windows HCK は 11 月 15 日から RTM 版が必須になります

    ◆ 2013 年 1 月よりテストに使用する OS は RTM 版が必須になります

    誤った回答をしてしまい、申し訳ありませんでした。

    ※Windows 7に関しては、本件の表題とは異なる内容ですので、お手数ですが別スレッドでのご質問をお願いします。

    2012年9月22日 6:39
    モデレータ
  • > 過渡期だと思っていたのですが、既にWindows HCK を使用して試験を行うのが一般的なのでしょうか?

    世の中の全ての状況は知りませんが、個人的な意見としては Windows 8の販売を直前に控え、Windows 7用も含めてWLKが残り100日程度で申請に使えなくなることがかなり前からアナウンスされている現時点では、一般的だと思います。

    >ちなみに、Windows ハードウェア認定プログラムに使用するツールを使用可能になった時期はいつからになるのでしょうか?

    ここでのツールとはHCKの事だと思うのですが、2011 年 9 月 13 日(火) ~ 16 日(金)のBuildに合わせて、WDK 8, ADK (評価・実験・デバッグ用にHCKと同じテストを実行できるキット), WDTF の各Preview版がWindows 8 のPreview版とともに公開されました。その時は、WLKが無くなってHCKになるというセッションや、新しいCertification Programに関するセッションはありましたが、利用可能なHCK自体に関してはこのタイミングでは公開されませんでした。うろ覚えですが、去年の年末ごろまでには初回のHCK (Preview)が公開されていた様に思います。詳細は Windows Logo Program Newsletter を確認していただければわかるのではないかと思います。

    2012年9月23日 17:44
    モデレータ

すべての返信

  • まず、WHQLという用語はWindows Vistaのリリース以降は使いませんので、ご注意下さい。
    相当する用語としては、Windows 7の時代まではWindos Logo Programと呼んでいました。
    現在はこの名前から、新しい「Windows ハードウェア認定プログラム」 (Windows Hardware Certification Program) という名前に移行中です。

    > Windows 8 Release Previewを使用して認証試験を実施する事は可能でしょうか?

    テストを実行することは可能ですが、その結果で申請することはできません。申請にはRTM版を使用したテストが必要です。

    > 認証取得に参考になる情報等を解り易く説明しているサイト

    ハードウェア キット・ツール・認定・ダッシュボードのサポート

    http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/hardware/gg454528.aspx

    申請先

    Windows デベロッパー センター - ハードウェア ダッシュボード サービス

    http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/hardware/gg463091.aspx

    2012年9月20日 19:16
    モデレータ
  • ご回答誠に有難うございます。RTM版を使用すれば良いのですね。

    加えてもう一点ご質問させて下さい。

    ドライバの変更が長らく行われていない為、確認目的にてテストは実行するものの申請は行わないという判断を行っていたせいか、手元にある資料が古く、その内容は以下ツールを使用するというものでした。

    Windows Driver Kits

    MSCV-VSClass3.cer

    Windows Logo Kits

    DTMLogViewer

    Microsoft Silverlight

    Winqual Submission Tool (WST)

    同一ツールを使用するものの、最新の環境で行う為にダウンロードページを探していたのですが、現在はダウンロード出来ないツールがある様に感じました。上記の「Windows ハードウェア認定プログラム」 への以降により、推奨されない手段かもしれないと感じているのですが、Windows7の認証取得までであれば現在はまだ問題無いという認識です。

    そこで、ご質問なのですが、Windows8のRTM版で認証取得を行おうとした場合、上記ツールを使用して試験を実施する事は可能でしょうか?また、申請を行う事は可能なのでしょうか?
    2012年9月21日 4:40
  • まず、誤りを訂正させてください。Windows 7 の件で最新の情報を調べましたところ、次のことがわかりました。

    Windows 8に関しては、現時点では Release Preview版での申請も受け付けています。
    RTM版の使用は、次のスケジュールで必須となります。勿論現在、RTM版での申請も受け付けていますし、その方がお勧めです。

    ◆ Windows HCK は 11 月 15 日から RTM 版が必須になります

    ◆ 2013 年 1 月よりテストに使用する OS は RTM 版が必須になります

    誤った回答をしてしまい、申し訳ありませんでした。

    ※Windows 7に関しては、本件の表題とは異なる内容ですので、お手数ですが別スレッドでのご質問をお願いします。

    2012年9月22日 6:39
    モデレータ
  • ご訂正誠に有難う御座います。

    過渡期だと思っていたのですが、既にWindows HCK を使用して試験を行うのが一般的なのでしょうか?

    ちなみに、Windows ハードウェア認定プログラムに使用するツールを使用可能になった時期はいつからになるのでしょうか?

    2012年9月23日 11:19
  • > 過渡期だと思っていたのですが、既にWindows HCK を使用して試験を行うのが一般的なのでしょうか?

    世の中の全ての状況は知りませんが、個人的な意見としては Windows 8の販売を直前に控え、Windows 7用も含めてWLKが残り100日程度で申請に使えなくなることがかなり前からアナウンスされている現時点では、一般的だと思います。

    >ちなみに、Windows ハードウェア認定プログラムに使用するツールを使用可能になった時期はいつからになるのでしょうか?

    ここでのツールとはHCKの事だと思うのですが、2011 年 9 月 13 日(火) ~ 16 日(金)のBuildに合わせて、WDK 8, ADK (評価・実験・デバッグ用にHCKと同じテストを実行できるキット), WDTF の各Preview版がWindows 8 のPreview版とともに公開されました。その時は、WLKが無くなってHCKになるというセッションや、新しいCertification Programに関するセッションはありましたが、利用可能なHCK自体に関してはこのタイミングでは公開されませんでした。うろ覚えですが、去年の年末ごろまでには初回のHCK (Preview)が公開されていた様に思います。詳細は Windows Logo Program Newsletter を確認していただければわかるのではないかと思います。

    2012年9月23日 17:44
    モデレータ
  • ご回答有難う御座いました。

    丁寧にご説明いただいたおかげで、全体像ややるべき事がわかってきました。

    また、今回は工数的な関係もありましてHCKを使用せずにHLKで試験を行う事としたのですが、

    どちらにしろFailの改修を行う為には、各試験項目の内容・意図を理解しておく必要がある様に感じました。

    最後の質問となりますが、HCKやHLKが試験を行っている用件を理解するためには何をすべきでしょうか?

    2012年9月26日 14:59
  • HLKとは文脈から推察しますとWLKのことだと思いますが、現在ではすでに紹介しました様に、必要な情報は3~4年前と比べると随分と多く、しかも日本語で公開されています。

    そのほかの参考文献としましては、少し古くまた英語になりますが以下のスレッドで紹介しています。Windows Logo 関連の情報がかなり含まれているので、認証システム関連の歴史的な背景を知るのには好都合です。

    http://social.msdn.microsoft.com/Forums/ja-JP/windowsdevicedriverja/thread/1f68ed96-f867-420e-b1cc-b0e67a76f6f4

    Windows 8に関しては、去年のBUILDでのセッション情報がビデオ、PPTともに公開されていますので、Certificate関連セッションについて是非とも一度参照することをお勧めします。

    http://channel9.msdn.com/Events/BUILD/BUILD2011

    2012年9月26日 15:53
    モデレータ