スキップしてメイン コンテンツへ

 none
Windows 7 サポート終了とVisual Studioサブスクリプション RRS feed

  • 質問

  • お世話になっております。

    当方OSのライセンスに詳しくなく、お教えください

    Windowアプリケーションの開発をしています

    来年 1/14 にWindows 7 のサポートが終了しますが、有償サポート(ESU)はあります。有償サポートのWindows 7を使っているユーザからアプリケーションに関して問い合わせがあった場合、確認のためにWindows 7 環境があるとよいのですが、

    今までVisual Studio Subscriptionで使えていた 評価用のWindows 7は、1/14以後、(ESU契約なしに)アップデートできる、できない どちらでしょうか


    2019年12月20日 0:24

回答

  • <解決?>

    えぬなんとかワールドに情報がありました

    https://yamanxworld.blogspot.com/2019/12/windows-7-esu.html#more

    (リンクがエラーになったので全角変換しました)


    > ESU 向けのセキュリティ更新プログラムは、Windows Update、Microsoft Update Catalog、WSUS で配布されるらしいけど、更新プログラムを入手できても ESU を購入してなきゃインストールできないってこと。))

    (補足) そこにも書かれていますが、Azure VMならESUを(特別な設定なしに)インストールできるらしいです

    (補足2) が、Azure Virtual Desktopは下記記事1によると RDS CALライセンスが別途必要とあり、一方別のサイト (下記 記事2) では「Microsoft365ユーザーなら、追加料金なしでAzure上の仮想デスクトップが使えるということ」とある。追加料金がいるのか要らないのか分からなくなってきました。必要になったら別途見積もり依頼することにします

    記事1 @IT 「Windows 7サポート終了対策の“切り札”となるか?――「Windows Virtual Desktop」の一般提供が開始」

    記事2 orangeitems's diary 「Windows Virtual Desktopの可能性をインフラエンジニアが検討する」

    2019年12月23日 4:24