none
"一般リリースのためのカーネルドライバー構成証明"に必要な契約について RRS feed

  • 質問

  • お世話になっております。
    カーネルモードドライバを開発しており、一般リリースのためのカーネルドライバー構成証明署名を取得したいと考えております。

    そこで、ハードウェアデベロッパープログラムへの登録の際、どの契約に署名が必要なのかを確認させてください。


    "driver signing submissionで必要な契約について"のスレッドを確認したところ、
    「Windows Compatibility Program and Driver Quality Attestment Testing Agreement」

    「Windows Certification Program Testing Agreement v1.0」

    の二つが必要とありました。
    ただ、現在ハードウェアデベロッパープログラムへの登録時に契約するドキュメントとしては、

    Windows ハードウェア互換性プログラムテスト契約書(バージョン2.0)

    Windows ロゴ使用許諾契約(バージョン2017.1)

    UEFI補遺

    Windows Analytics契約(バージョン2.0)

    LSAプラグインの署名に関する契約

    の5つが表示されております。

    一番上のWindowsハードウェア互換性プログラムテスト契約書にのみ署名すればよいのでしょうか?

    または、登録後にダッシュボードから改めて署名する契約がありますでしょうか?
    2019年5月23日 5:54

すべての返信

  • 何が必要だったかは覚えていませんが、
    必要なものが署名されていないと、申請とかができなかったと思います。

    つまり、一つずつやってみれば良いと思います。てきとーな回答で申し訳ありません。

    2019年5月24日 8:46
  • 回答ありがとうございます。

    上に確認を取る必要があるため、ちょっと事前に知りたかったのですよね。

    msdnの特典でサポートが受けられるようなので、そちらで聞いてみます。

    ありがとうございました。

    2019年5月29日 0:26
  • FYI
    --------------------------------------------------
    Windowsドライバー署名早わかり
    https://rms.ne.jp/codesigning/howto/windows10_kernel_mode_checklist.html
    --------------------------------------------------
    2019年5月29日 1:59
  • 構成証明署名取得だけが目的の場合は、ハードウェアデベロッパープログラムへの登録は不要です。

    EV証明書を調達して、下記の手順で一般的に「新しいハードウェアダッシュボード」と呼ばれる、

    https://developer.microsoft.com/ja-jp/windows/hardware/dashboard-sign-in

    にアカウントを作成してログイン、認証を得て下さい。EV証明書の調達の際に各証明書発行機関から、書類など団体証明に必要なものが要求されます。

    一般リリースのためのカーネル ドライバーへの構成証明署名

    https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/drivers/dashboard/attestation-signing-a-kernel-driver-for-public-release

    (ハードウェア プログラムの登録、実体はハードウェア認定プログラムへの登録)

    https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/drivers/dashboard/register-for-the-hardware-program

    2019年7月8日 9:42
    モデレータ