スキップしてメイン コンテンツへ

 locked
Windows 10 version 1809 (October 2018 Update) において、読み取り専用 TextBox にタッチした場合の挙動について RRS feed

  • 全般的な情報交換

  • こんにちは、Platform SDK (Windows SDK) サポートチームです。

    今回は、Windows 10 version 1809 (October 2018 Update) において、読み取り専用 TextBox をタッチすると、入力不要であるにもかかわらず、タッチキーボードが起動してくる現象についてご案内します。

    前提条件
    ========
    ・キーボードがドッキングされていないタブレット端末
    ・OS の設定にて、[設定]-[デバイス]-[入力] の [タブレットモードでなく、キーボードが接続されていない場合に、タッチキーボードを表示する] が [オン] になっている。

    現象
    ========
    TSF (Text Service Framework) 対応のアプリケーションで、読み取り専用の TextBox をタッチすると、読み取り専用で入力不要であるにもかかわらず、タッチキーボードが表示される、または、タッチキーボードの表示後すぐ閉じるという現象が確認されています。

    本現象は、WPF のように TSF 対応の読み取り専用 TextBox で発生し、WinForm や MFC のように TSF 非対応の読み取り専用 TextBox では発生しません。

    状況
    ========
    マイクロソフトではこの現象を調査中です。

    回避策
    ========
    現時点では、Windows 10 version 1809 (October 2018 Update) における回避策はありません。

    代替案
    ========
    WinForm や MFC で読み取り専用 TextBox をホストするユーザーコントロールを作成し、これを既存の読み取り専用 TextBox の代わりに使用することをご検討ください。

    例として、アプリケーションを WPF で開発している場合は、読み取り専用 TextBox をホストするユーザーコントロールを WinForm で作成します。
    そしてこのユーザーコントロールを、WindowsFormsHost を介して WPF アプリケーションの読み取り専用 TextBox の代わりに使用します。

    2019年4月23日 3:30
    所有者