スキップしてメイン コンテンツへ

 none
USBシリアルドライバのWindows8.1対応について RRS feed

  • 質問

  • こんにちは。ソフトウェアメーカーにて営業をしています。

    USBシリアルドライバについての質問です。

    Microsoftのページを見ると、右側には対応OSとしてWindows10、Windows8.1とありますが、

    下部の詳細を確認すると、Windows10には標準で対応しているものの、

    Windows8.1以前のOSは標準対応していないとの記載があります。

    OSがWindows8.1の場合は標準対応されているのでしょうか?

    Windows8.1が“Windows8.1以前”に含まれるのかどうかは微妙ですが、

    Windows8.1単独の記述がない為、“Windows8.1以前”に含まれているような気がします。

    USBシリアルドライバのWindows8.1対応でご経験された方がいらっしゃいましたら、

    ご助言をいただけますでしょうか?


    2018年11月5日 4:03

回答

  • 裏付けURLを探して確認している時間がないので、記憶を頼りに簡単に説明します。

    USBシリアルドライバーとは多くの場合、以前のWindowsから含まれるUsbser.sysのことを差します。これは確かWindows 2000/98のころからずっと、いくつかのUSBモデムドライバーとともに含まれていました。USB協議会(USB.ORG, 最近正式名が変わった)が定めるCDCクラスの規格に準拠していたのですが、一般的なUSBシリアル変換アダプターで利用できる汎用INFが最近までWindows標準では用意されていなかったので、各USBシリアル変換機能を提供するベンダーは、Usbser.sysを使用する自社デバイス用の署名付きINFを自前で用意して配布していました。

    つまりWindows 8.1の頃まではUsbser.sysのドライバーバイナリーはWindowsに含まれていたが、INFが無いのでCDCクラスのデバイスを接続しただけでは(USBフラッシュメモリーの様に)自動インストールが始まりませんでした。

    ところが最近のWindows 10ではUSBシリアル変換コントローラー用のUsbser.infが、新しいUsbser.sysとともに提供される様になりました。これによりCDCクラスのデバイスを接続すると自動インストールが始まる様になりました。余談ですが注意点として、この方策により Windows 10のUsbser.sysの動作がWindows 8.1までのころとは少し変わったので、一部で問題になっています。

    整理すると、標準USBシリアルドライバーのドライバーバイナリーはWindows 8.1も含めた以前のWindowsに含まれていました。Windows 10ではINFが追加されたので、それがUSBシリアル変換アダプター用に自動インストールされるようになったという事です。結局のところは、どのようなことに対して「標準対応」と呼ぶかの違いです。

    2018年11月9日 6:19
    モデレータ

すべての返信

  • 裏付けURLを探して確認している時間がないので、記憶を頼りに簡単に説明します。

    USBシリアルドライバーとは多くの場合、以前のWindowsから含まれるUsbser.sysのことを差します。これは確かWindows 2000/98のころからずっと、いくつかのUSBモデムドライバーとともに含まれていました。USB協議会(USB.ORG, 最近正式名が変わった)が定めるCDCクラスの規格に準拠していたのですが、一般的なUSBシリアル変換アダプターで利用できる汎用INFが最近までWindows標準では用意されていなかったので、各USBシリアル変換機能を提供するベンダーは、Usbser.sysを使用する自社デバイス用の署名付きINFを自前で用意して配布していました。

    つまりWindows 8.1の頃まではUsbser.sysのドライバーバイナリーはWindowsに含まれていたが、INFが無いのでCDCクラスのデバイスを接続しただけでは(USBフラッシュメモリーの様に)自動インストールが始まりませんでした。

    ところが最近のWindows 10ではUSBシリアル変換コントローラー用のUsbser.infが、新しいUsbser.sysとともに提供される様になりました。これによりCDCクラスのデバイスを接続すると自動インストールが始まる様になりました。余談ですが注意点として、この方策により Windows 10のUsbser.sysの動作がWindows 8.1までのころとは少し変わったので、一部で問題になっています。

    整理すると、標準USBシリアルドライバーのドライバーバイナリーはWindows 8.1も含めた以前のWindowsに含まれていました。Windows 10ではINFが追加されたので、それがUSBシリアル変換アダプター用に自動インストールされるようになったという事です。結局のところは、どのようなことに対して「標準対応」と呼ぶかの違いです。

    2018年11月9日 6:19
    モデレータ
  • USBシリアルドライバのWindows8.1対応 様

    その後いかがでしょうか。後で回答を見つけ易くするためにも、一旦回答済とさせていただきます。
    新たな質問がありましたら、新しいスレッドを立ててご質問下さい。

    ご参考までに、Windows 10のUSBシリアルドライバーに関する英語のQAページへのリンクを掲載させて頂きます。

    https://answers.microsoft.com/en-us/windows/forum/all/windows-10-usbserinf/d22aaffd-2465-4dd9-b3e5-8d109038bee4?

    2019年2月11日 4:52
    モデレータ