none
32bitOSと64bitOSのデュアルブート環境について。 RRS feed

  • Question

  • 現在、Windows ハードウェア認証の為にクライアントPCのセットアップ中なのですが、ライセンスについて疑問があります。OSのインストールメディアとして32bitと64bitと両方セットで販売していると思うのですが、これらを使用してデュアルブート環境を作成しても良いのでしょうか?PRODUCTKEYは一つしか貼っていないのですが、デュアルブートの場合、同時に起動される事が無いのでOKということでしょうか?どのたか詳しい方ご教授頂けませんでしょうか?

    vendredi 5 octobre 2012 11:06

Réponses

  • Windowsクライアント開発とはあまり関係のなさそうな質問に見受けられます。

    また、ライセンス、つまりMicrosoft社との契約に絡む質問のようですので、Microsoft社に直接問い合わせることをお勧めします。

    • Proposé comme réponse 佐祐理 vendredi 5 octobre 2012 23:09
    • Marqué comme réponse 佐伯玲 vendredi 12 octobre 2012 02:38
    vendredi 5 octobre 2012 12:38
  • このレベルの話ですと、コンシューマーと実は変わらないです。
    コンシューマー向けには Microsoft Community(旧 Microsoft Answers)があり、そこでの回答を紹介しておきます。
    (使用許諾契約書の内容に対して、疑義がある場合は、Microsoft と直接確認してください。コミュニティの回答はあくまで参考です)

    Windows 7 Ultimate には 64bit版 と 32bit版が同梱されていますが、一台のパソコンの別パーティションに両方をインストールしてもライセンス上の問題は無いのでしょうか。 - Microsoft Community

    個人的には、開発者なら Visual Studio with MSDN のどれかのグレードを手元に置いた方が、開発目的に限定されるとは言え、便利だと思いますよ。(VS を買わないなら Operating Systems もまだあったかな?)

    • Marqué comme réponse 佐伯玲 vendredi 12 octobre 2012 02:38
    vendredi 5 octobre 2012 15:12
    Modérateur
  • Windows ハードウェア認証の為にクライアントPCのセットアップでは通常、次の理由により通常の1本売りの市販ライセンスやOSプレインストールPCのプレインストールOSを使用しません。

    1.対象のPCハードウェアが、認証テスト用クライアントPCとして利用できない場合がある。これはテスト環境を構築して実際にテストを実行してみるまでわかりません。

    2.上記理由のほか、テストの同時実行による効率化やテスト対応のデバッグ等を目的として、数台のPCにOSをインストールする場合がある。

    3.テスト用クライアントPCはテスト・クライアント以外の目的には利用できない。

    4.OSの再インストールをする場合がある。

    5.テストにはテスト専用のWindows Serverマシンの用意が必須である。

    以上のことから、よる良くあるパターンとしてはMSDN等による大量入手可能なライセンス、または1~2か月間のライセンス猶予期間を利用してテスト環境を構築します。

    初めてでしたらば、テスト用クライアントとしては最低でも3台程度のテスト専用のデスクトップ・マシンを用意する心構えが必要と思います。

    samedi 6 octobre 2012 04:25
    Modérateur

Toutes les réponses

  • Windowsクライアント開発とはあまり関係のなさそうな質問に見受けられます。

    また、ライセンス、つまりMicrosoft社との契約に絡む質問のようですので、Microsoft社に直接問い合わせることをお勧めします。

    • Proposé comme réponse 佐祐理 vendredi 5 octobre 2012 23:09
    • Marqué comme réponse 佐伯玲 vendredi 12 octobre 2012 02:38
    vendredi 5 octobre 2012 12:38
  • Windows ハードウェア認証(旧WHQL)の質問がこちらに移動していたのでその流れで質問させていただきました。

    そうですね、直接聞いてみる事に致します。有難う御座いました。

    vendredi 5 octobre 2012 14:05
  • このレベルの話ですと、コンシューマーと実は変わらないです。
    コンシューマー向けには Microsoft Community(旧 Microsoft Answers)があり、そこでの回答を紹介しておきます。
    (使用許諾契約書の内容に対して、疑義がある場合は、Microsoft と直接確認してください。コミュニティの回答はあくまで参考です)

    Windows 7 Ultimate には 64bit版 と 32bit版が同梱されていますが、一台のパソコンの別パーティションに両方をインストールしてもライセンス上の問題は無いのでしょうか。 - Microsoft Community

    個人的には、開発者なら Visual Studio with MSDN のどれかのグレードを手元に置いた方が、開発目的に限定されるとは言え、便利だと思いますよ。(VS を買わないなら Operating Systems もまだあったかな?)

    • Marqué comme réponse 佐伯玲 vendredi 12 octobre 2012 02:38
    vendredi 5 octobre 2012 15:12
    Modérateur
  • Windows ハードウェア認証の為にクライアントPCのセットアップでは通常、次の理由により通常の1本売りの市販ライセンスやOSプレインストールPCのプレインストールOSを使用しません。

    1.対象のPCハードウェアが、認証テスト用クライアントPCとして利用できない場合がある。これはテスト環境を構築して実際にテストを実行してみるまでわかりません。

    2.上記理由のほか、テストの同時実行による効率化やテスト対応のデバッグ等を目的として、数台のPCにOSをインストールする場合がある。

    3.テスト用クライアントPCはテスト・クライアント以外の目的には利用できない。

    4.OSの再インストールをする場合がある。

    5.テストにはテスト専用のWindows Serverマシンの用意が必須である。

    以上のことから、よる良くあるパターンとしてはMSDN等による大量入手可能なライセンス、または1~2か月間のライセンス猶予期間を利用してテスト環境を構築します。

    初めてでしたらば、テスト用クライアントとしては最低でも3台程度のテスト専用のデスクトップ・マシンを用意する心構えが必要と思います。

    samedi 6 octobre 2012 04:25
    Modérateur
  • こんにちは、Humpty-Dumpty さん
    フォーラムオペレータの佐伯 玲 です。

    Azulean さんとAtomu Hidaka- さんの情報もご確認いただけたでしょうか?

    寄せられたみなさんからの情報が参考になる思われたので
    勝手ながら私のほうで「回答としてマーク」をさせて頂きました。

    今後ともMSDNフォーラムを宜しくお願い致します。
    __________________________
    日本マイクロソフト株式会社 フォーラム オペレーター 佐伯 玲

    vendredi 12 octobre 2012 02:38