none
Windows 10 Anniversary Update 適用後、VBからのExcel出力ができなくなった。【Ver1607】

    質問

  • Windows 10 Anniversary Update を適用すると、『Windowsで通常使うプリンターを管理する』が

    オンになっている場合、通常使うプリンターに設定にチェックがつかなく なりました。

    この状態で、VB.NETからExcelへの出力(Interop.Excel.dllを利用した)を行うと

    プログラムから起動したExcelが異常終了し、プログラムからExcelへの出力ができない状態となります。

    当方でも、原因の調査を行ってみましたが、特定の処理(Excelに対する結合や位置調整)ではなく、

    一定の処理量を超えるとExcelが異常終了(ハングアップ)しているように思われ

    原因の特定ができない状態になっています。

    Windowsで通常使うプリンターを管理する』がオフにしている場合は、

    VBExcelへの出力が正しく行われます。

    現象を正確に言うと、

     VB.NETでExcelファイルを編集している最中に、Excelが異常終了する。

    という現象です。

    Excelファイルの編集に関しては、Excelオブジェクトを開き、各セルに値を設定して書式の変更を行う程度です。
    (WindowsXP,VISTA,7,9,10(アップデート前)までは、発生しておりません。)


    また、Windows10RS1にて、通常使うプリンタにチェックが付かないのが仕様であるならば、それは問題ないと思いますので、『Windowsで通常使うプリンターを管理する』をONにしても、
    Excel出力が正しく行えるように対応頂ければと思っています。

    2016年8月23日 10:15

すべての返信

  • Windows10RS1にて、通常使うプリンタにチェックが付かないのが仕様であるならば、それは問題ないと思いますので、『Windowsで通常使うプリンターを管理する』をONにしても、Excel出力が正しく行えるように対応頂ければと思っています。
    それはVB.NETで実行している内容に依存します。ソースコードと異常終了する該当行および発生した例外を提示していただかなければ被疑を特定できません。
    2016年8月23日 12:41
  • まったく同じ現象ではありませんが、Windows 10 Anniversary Update を適用したところ、

    当方では、VBからのエクセル出力で

    System.Runtime.InteropServices.COMException (0x800706BE): リモート プロシージャ コールに失敗しました。

    等のエラーが出るようになりました。

    なお、本日24にWindowsアップデートが適用されたところ、ひとまずエラーはでなくなった様子です。

    あと、別件で、当方PC固有の問題なもかもしれませんが、

    Windows 10 Anniversary Update を適用後、「My.Computer.FileSystem.CopyDirectory」で作成したフォルダの削除がとても時間がかかるようになりました。

    これはまだ解消でいません。

    • 編集済み toribird 2016年8月24日 15:57
    2016年8月24日 15:53
  • ご返答いただきありがとうございます。

    当方は,昨日8月24日のWindowsアップデートが適応されても,エラーは回避できていない状態です。

    2016年8月24日 22:45