none
Jet.OLEDB(Access)ドライバの配布について RRS feed

  • 質問

  • 現在開発しているアプリケーションで、

    Ace.OLEDBに移行できずにJet.OLEDBドライバを利用しております。

    Jet.OLEDB(Access)ドライバは、現在Windowsの一部になっており、

    基本的に、

    32ビットWindowsでは%WindowsDir%\Systemディレクトリに

    64ビットWindowsでは%WindowsDir%\SysWOW64ディレクトリ

    に存在するため追加で再配布する必要はないと考えておりますが、

    Jet.OLEDB(Access)ドライバが利用できないWindowsのバージョンは存在するでしょうか?

    また今後のWindowsではどこまでサポートされるのかのポリシーは公開されているでしょうか?

    2018年4月4日 4:44

すべての返信

  • 回答ではないですが、10年ほど前にKB957570にて

    We do not provide a 64-bit version of the Microsoft OLE DB Provider for Jet. Additionally, we do not provide a 64-bit version of the Jet ODBC driver. If you use the Microsoft OLE DB Provider for Jet or the Jet ODBC driver to connect to a data source in a 64-bit environment, you experience different problems.

    というアナウンスがなされています。実際手元のPCでもC:\Windows\SysWOW64\msjet40.dll(32bit版)は存在しましたがC:\Windows\System32(64bit版)には当該ファイルは存在しませんでした。

    2018年4月4日 6:32
  • ご回答ありがとうございます。

    どのWindowsから(多分XP?)このようになって、

    いつまでjetが配布され続けるのかはわからないですよね?

    普通に考えると64bitOSで32bitアプリがサポートされ続けるまでなのかなと想像はしていますが、

    明確に書いた文章が見つけられないんです。。。

    2018年4月4日 6:49