none
Deploy後、RUNを押すと、ステータスがINITIALIZE-BUSY-Stoopingを繰り返してReadyにならない RRS feed

  • 質問

  • お世話になります。

    また質問があります。

    Azure上にDeployを行いRUNボタンを押したのですがステータスが一向にReadyにならず

    initializing-busy-stoppoingを繰り返します。

    検索して他のページを見るとどうもどうやらクラウドサービス構成ファイルのDiagnosticsConnectionStringに書いてる接続文字列が “UseDevelopmentStorage=true” になっててストレージに接続できないからということみたいなのです。

    この場合はfalseにすればよいのでしょうか?

    それとも

     

    <Setting name="DataConnectionString" value="DefaultEndpointsProtocol=https;AccountName=YourAccountName;AccountKey=YourAccountKey" />
    <Setting name="DiagnosticsConnectionString" value="DefaultEndpointsProtocol=https;AccountName=DiagnosticsAccountName;AccountKey=DiagnosticsAccountKey" />

    のような設定を追加しておかないとならないのでしょうか?

    また上記設定を追加する場合、以下の情報には何を設定すればよいのでしょうか?

    YourAccountName(ログインアカウント?)

    YourAccountKey(ログインパスワード?)

    DiagnosticsAccountName(??)

    DiagnosticsAccountKey(??)

     

    2010年7月27日 14:39

すべての返信

  • ■原因

    「UseDevelopmentStorage=true」に対して、「UseDevelopmentStorage=false」にする対応ではダメです。「initializing-busy-stoppoingを繰り返します」という現象は、インスタンスRoleが「起動→例外→インスタンス・ダウン」を繰り返していることが原因です。

    この場合、Development Storage(ローカルの開発環境)にアクセスしようとして例外が発生している現象に対応する必要があります。

     

    ■対応

    記述して頂いている通り、以下の対応を行う必要があります。

    > <Setting name="DataConnectionString" value="DefaultEndpointsProtocol=https;

    >  AccountName=YourAccountName;>AccountKey=YourAccountKey" />

    >  <Setting name="DiagnosticsConnectionString" value="DefaultEndpointsProtocol=https;AccountName=DiagnosticsAccountName;

    >  AccountKey=DiagnosticsAccountKey" />のような設定を追加しておかないとならないのでしょうか?

    Visual StuidoのGUI設定ツールを利用して 、以下のポータルサイト情報を設定して下さい。

    アカウント名

    ・アカウントキー

     

    ■補足

    「対応」を実施後も当該障害が解消しない場合、作成されているアプリケーションで例外が発生している場合があります。

    2010年7月27日 15:53
    モデレータ
  • 回答ありがとうございます。

    もう一点知っていたら教えてください。

    RUN中に例外がおきているというのは何かSDKのツールもしくはVSで見ることが可能なのでしょうか?

     

    2010年7月27日 16:02
  • Visual Studio 2010 Ultimate で利用可能なIntelliTraceを利用すれば例外の内容を参照可能です。

    そのほかの場合、現時点では手段が存在しないと思います。ポータルサイトの情報から例外の内容を推察する必要があります。

     

    「Development Fabricで動作しているが、Azureポータルサイトでは動作しない」という場合、以下の問題である事が多いです。ご参考になれば幸いです。

    1. 独自DLLを利用しているが、Visual Studio上で「ローカル コピー」をtrueにしていない
    2. 接続文字列がローカル環境のままになっている
    3. 独自に設定した Machine.config の情報を利用している
    2010年7月27日 16:26
    モデレータ