none
Visual C++ あんしん入門 RRS feed

  • 質問

  • こんばんわ、はじめまして>みなさん

    turboc、gccがすきですが、今は、Visual Studioをはじめたところです、パワーのあるマシンだと

    使いやすいです。 Bcc5.5とeclipseの環境が動きます。

                                                     M1号


    • 編集済み M1号 2010年6月28日 10:04
    2010年6月26日 14:15

回答

  • 書籍を利用するにせよ、Web上の情報で済ませるにせよ、
    それは御本人がその方法で勉強出来ているかと言う点が問題になると思います。
    どちらかで無いといけないという話では無いと思いますよ。

    書籍の良い所は著者が必要と考えた内容を整理してこの順番に勉強すれば
    わかりやすいだろうという形で提供してくれている点です。
    明確な勉強方針とか教えてくれる人がいてこの順番に勉強しなさいという指示が
    あるのであれば、Webの情報でも勉強できると思います。
    書籍の場合、著者の整理内容が必ずしも読者のニーズにあっていないケースが
    ありえるというのがある意味欠点ですね。
    但し、これは読者の方に明確な意思がある場合で勉強する順番を自分で決める事が
    できる事が前提です。この部分を自分で決められないのであれば、
    書籍はその指針を示すという上でも有効なものであると思います。

    Web上には非常にたくさんの情報が有り、Web上の情報全てが正しいとは限りません。
    見る人が見れば、明らかに間違っている情報もWeb上には存在します。
    書籍であれば、監修や校正の時点で判明するような明確な間違いもそのまま放置されている可能性があります。
    そういう面もひっくるめて情報の精査ができる事、また情報の整理をして自分に必要な情報を
    選び出す事が出来る事がWeb上の情報で勉強できる為の条件だと思います。
    殆ど無料で情報を手にする事ができるというのがWebの利点ですが、
    玉石混合の情報があふれている事がWebの欠点になります。
    利用する側にある程度の知識とスキルを要求します。

    自分が勉強している内容や方向に大きな間違いが無ければ、書籍で勉強しても
    Web上の情報で勉強しても大差は有りません。
    ただ、知識が足りない状態でのWebに頼った勉強方法はWeb以外の指導者的な存在が
    必要になるというのは頭に置いておいてほしいと思います。
    現在、一線で活動しているプロでさえ、思い込み等で間違った知識を覚えている事が
    あります。(掲示板上のやり取りを見ていてもそういうケースは0ではありません)
    そういう意味ではなるべくリスクが低い方法で知識の積み上げを行なってから
    Web上の情報も利用するというスタンスの方が間違いを減らせる可能性が高いと思います。

     


    解決した時は、参考になったレスポンスの所にある[回答としてマーク]ボタンをクリックしてスレッドを締めましょう。
    • 回答としてマーク 山本春海 2010年6月30日 2:36
    2010年6月28日 7:59

すべての返信

  • おはようございます。こちらは、曇り空です

    MSDNで本と検索してみましたが、たくさんでてきました。

    果たして本を買うべきなのかと、考えさせられました。WEBでほとんどのことは

    たりてしまいます。電気代、どうやって勉強を持続させるかということになってきそうです。

     

    2010年6月27日 0:27
  • 書籍を利用するにせよ、Web上の情報で済ませるにせよ、
    それは御本人がその方法で勉強出来ているかと言う点が問題になると思います。
    どちらかで無いといけないという話では無いと思いますよ。

    書籍の良い所は著者が必要と考えた内容を整理してこの順番に勉強すれば
    わかりやすいだろうという形で提供してくれている点です。
    明確な勉強方針とか教えてくれる人がいてこの順番に勉強しなさいという指示が
    あるのであれば、Webの情報でも勉強できると思います。
    書籍の場合、著者の整理内容が必ずしも読者のニーズにあっていないケースが
    ありえるというのがある意味欠点ですね。
    但し、これは読者の方に明確な意思がある場合で勉強する順番を自分で決める事が
    できる事が前提です。この部分を自分で決められないのであれば、
    書籍はその指針を示すという上でも有効なものであると思います。

    Web上には非常にたくさんの情報が有り、Web上の情報全てが正しいとは限りません。
    見る人が見れば、明らかに間違っている情報もWeb上には存在します。
    書籍であれば、監修や校正の時点で判明するような明確な間違いもそのまま放置されている可能性があります。
    そういう面もひっくるめて情報の精査ができる事、また情報の整理をして自分に必要な情報を
    選び出す事が出来る事がWeb上の情報で勉強できる為の条件だと思います。
    殆ど無料で情報を手にする事ができるというのがWebの利点ですが、
    玉石混合の情報があふれている事がWebの欠点になります。
    利用する側にある程度の知識とスキルを要求します。

    自分が勉強している内容や方向に大きな間違いが無ければ、書籍で勉強しても
    Web上の情報で勉強しても大差は有りません。
    ただ、知識が足りない状態でのWebに頼った勉強方法はWeb以外の指導者的な存在が
    必要になるというのは頭に置いておいてほしいと思います。
    現在、一線で活動しているプロでさえ、思い込み等で間違った知識を覚えている事が
    あります。(掲示板上のやり取りを見ていてもそういうケースは0ではありません)
    そういう意味ではなるべくリスクが低い方法で知識の積み上げを行なってから
    Web上の情報も利用するというスタンスの方が間違いを減らせる可能性が高いと思います。

     


    解決した時は、参考になったレスポンスの所にある[回答としてマーク]ボタンをクリックしてスレッドを締めましょう。
    • 回答としてマーク 山本春海 2010年6月30日 2:36
    2010年6月28日 7:59
  • >PATIOさん、ありがとう

     

    2010年6月28日 10:06