none
レプリケーションとミラーリング、ログ配布の違い。 RRS feed

回答

すべての返信

  • 設定可能です。
    レプリケーションはManagement Studioのインスタンス直下にレプリケーションというアイコンがあります。
    そこから設定ができます。

    レプリケーションとミラーリングとログ配布の違いですが
    ・レプリケーションはスケールアウトによく用いられ、テーブル単位でデータの複製を行う
    ・ミラーリングは耐障害機能の1つで、データベース単位でデータのコピーを持ち合い、障害時には瞬時に切り替えます
    ・ログ配布はウォームスタンバイが作成でき、災害対策などにも利用されます(ファイル共有を使ってログをコピーします)
    http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms190202.aspx

     

    2011年4月19日 10:19
    モデレータ
  • ありがとうございます。

    ログ配布はログをファイル共有に置き、障害時にはセカンダリサーバでログの適用が必要で、

    レプリケーションはリアルタイムでセカンダリ(サブスクライバー)でログ適用まで行うということでしょうか?

     

    レプリケーション

    レプリケーションはパブリッシュとサブスクライブを組み合わせたモデルを使用します。このため、プライマリ サーバー (パブリッシャー) のデータを 1 台以上のセカンダリ サーバー (サブスクライバー) に配布できます。レプリケーションにより、これらのサーバー全体でリアルタイムの可用性とスケーラビリティを実現できます。

    2011年4月20日 5:20
  • ログ配布は何か障害が起きた場合にはセカンダリへ手動でフェイルオーバが必要です。
    また通常に動作している場合は適用まで実行されます。
    http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms191233.aspx

    レプリケーションは設定とアーキテクチャの選択によってリアルタイムでデータの反映が可能です。

    2011年4月20日 14:59
    モデレータ
  • ありがとうございます。^^

     

    ・レプリケーションはスケールアウトによく用いられ、テーブル単位でデータの複製を行う

    とのことですが、可用性のためではなく性能アップのためにスケールアウトでよく使われるということでしょうか?

    2011年4月21日 7:31
  • レプリケーションに関しては、とりあえず以下の資料辺りを読んでみられるとよろしいかと存じます^^

    「適切なレプリケーションの種類の選択」
    http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms152565.aspx

    「SQL Server のレプリケーション」
    http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms151198.aspx

    • 回答としてマーク nodame2010 2011年4月25日 0:17
    2011年4月21日 8:26
  • 論理的にデータコピーを保持する機能なので、もちろん可用性向上にも利用できると思います。
    私の周りだけかもしれませんが、可用性向上であればクラスタやミラーリングが検討されることが多い気がします。

    • 回答としてマーク nodame2010 2011年4月25日 0:17
    2011年4月21日 8:56
    モデレータ
  • ありがとうございます。^^
    2011年4月25日 0:17