none
アイコン用イメージエディターの使用方法を教えてください(Visual Studio 2015 Community)。 RRS feed

  • 質問


  • Visual Studio 2013 Professional (Visual Basic)(以下 VS2013)にて個人使用のプログラムを Windows 8.1 用に開発して運用いたしております。このたび Windows 10 にアップグレードを行うために、開発環境を Visual Studio 2015 Community(Visual Basic) (以下 VS2015)に移行行いたいと考えております。

    VS2015 にてソリューションに VS2013 にて使用していたアイコンファイルを追加後、アイコンファイルを右クリック後、「開く」をクリックすると「ペイント」が起動しアイコンの編集ができません。VS2013 ではアイコン編集用のタブ(?)が表示されていました。

    ヘルプを検索するとツールバーに「イメージ」を追加するようにという記載があるのですが、私の環境ではツールバーの選択項目に「イメージ」がありません。

    VS2013 の場合のように VS2015 環境にてアイコンを編集する方法をご教授いただければ幸いです。

    2015年12月7日 4:14

回答

  • Visual Studio Communityのセットアップで変更を選び、プログラム言語->Visual C++->VisualC++2015用の共通ツールを選択して追加してみてください。
    その後ソリューションエクスプローラーでアイコンファイルを右クリックし、「ファイルを開くアプリケーションの選択」でリソースエディターを選びます。
    リソースエディターが"(規定値)"となっていない場合は選択して「規定値として設定」を行えば、以降はリソースエディターでアイコン編集がおこなえるようになります。


    個別に明示されていない限りgekkaがフォーラムに投稿したコードにはフォーラム使用条件に基づき「MICROSOFT LIMITED PUBLIC LICENSE」が適用されます。(かなり自由に使ってOK!)

    • 編集済み gekkaMVP 2015年12月7日 10:11
    • 回答としてマーク 大阪市 2015年12月8日 4:44
    2015年12月7日 10:10

すべての返信

  • Visual Studio Communityのセットアップで変更を選び、プログラム言語->Visual C++->VisualC++2015用の共通ツールを選択して追加してみてください。
    その後ソリューションエクスプローラーでアイコンファイルを右クリックし、「ファイルを開くアプリケーションの選択」でリソースエディターを選びます。
    リソースエディターが"(規定値)"となっていない場合は選択して「規定値として設定」を行えば、以降はリソースエディターでアイコン編集がおこなえるようになります。


    個別に明示されていない限りgekkaがフォーラムに投稿したコードにはフォーラム使用条件に基づき「MICROSOFT LIMITED PUBLIC LICENSE」が適用されます。(かなり自由に使ってOK!)

    • 編集済み gekkaMVP 2015年12月7日 10:11
    • 回答としてマーク 大阪市 2015年12月8日 4:44
    2015年12月7日 10:10
  • gekka さま、ご解答ありがとうございました。

    アドバイスに従って実行したところ、アイコンの編集ができるようになりました。

    今後とも、よろしくお願いします。

    2015年12月8日 4:44