none
テナントレベルのリスト/ライブラリのクラシック表示設定が廃止されます

    全般的な情報交換

  • 以下の公開情報で案内があるように、テナント全体でリスト/ライブラリをクラシック表示にする設定の廃止が、2019/4/1 以降順次各テナントに展開される予定です。

    タイトル : Delivering SharePoint modern experiences

    アドレス : https://techcommunity.microsoft.com/t5/Microsoft-SharePoint-Blog/Delivering-SharePoint-modern-experiences/ba-p/315023 

    具体的には、SharePoint Online 管理センターで変更可能な、以下の設定が廃止される予定です。

    日本ではまだクラシック表示の利用も多く、今回の変更による影響や必要な対応について心配される方も多いかと思いますので、本稿で上記公開情報の補足をします。

    不明な点などがありましたら、弊社サポートサービスまでお気軽にお問い合わせください。

     

    本変更が実施される背景

    SharePoint Online はクラウドのインフラにより適した設計を採用した、モダン エクスペリエンスの開発に注力しています。

    モダン エクスペリエンスの開発は継続され、現在においてはモダン エクスペリエンスにおいても大きく機能が拡充されております。

    今後も継続してモダン エクスペリエンスに新しい機能が提供される予定であり、また SharePoint Online に最適化された機能をご利用いただきたいため、テナント全体にモダン エクスペリエンスをオプトアウトする設定が廃止されることになりました。

     

    モダンエクスペリエンスが推奨される理由については、以下の情報もご確認ください。

    タイトル : SharePoint Online でモダン エクスペリエンスを利用するメリット

    アドレス : https://social.msdn.microsoft.com/Forums/ja-JP/0b9b82cb-9826-4387-942b-954b68602128/sharepoint-online-12391125141248012531?forum=sharepointsupportteamja

     

    どの様な影響があるか

    上記設定が [新しいエクスペリエンス] を設定したときと同等の動作に変更されます。従って、現在 [クラシック表示のエクスペリエンス] を選択しているテナントは本変更による影響が生じることが想定されます。

    ライブラリやリストを新規に作成すると、既定で表示設定は以下の様に [管理者が設定した既定の動作] となっています。


    * 本設定の既定値を変更することはできません。

    [管理者が設定した既定の動作] が選択されている場合、後述の公開情報に記載の PowerShell 等による対応を実施していない限りは上述のテナント全体の設定が適用されます。

    このため、テナント全体の設定として [クラシック表示のエクスペリエンス] を選択している場合は、2019/4/1 以降に [新しいエクスペリエンス] が選択されている場合と同等の動作に変更され、リスト/ライブラリが新しい表示に変更される可能性があります。

     

    なお、本設定の影響範囲は SharePoint Online のリスト/ライブラリのみです。以下は本変更による影響は受けません。

    OneDrive for Business

    ・サイトのページ。/SitePages/Pages 配下のパスに存在する .aspx ページは影響を受けません。クラシック表示で作成したポータルページなどが、本変更によって新しい表示に変更されることはありません。

    ・新しい表示に対応していないリスト (予定表、ディスカッション、アンケート、タスクなど)

    ・リスト/ライブラリのアクセス時に、システムが自動でクラシック表示への切り替えを検出した場合。自動検出の仕組みは、以下の公開情報の [組み込みの自動検出によって、表示が自動的に "クラシック" に切り替えられるのはいつですか?] をご確認ください。

    タイトル : "モダン" リストと "モダン" ライブラリのカスタマイズ

    アドレス : https://docs.microsoft.com/ja-jp/sharepoint/dev/solution-guidance/modern-experience-customizations-customize-lists-and-libraries

     

    必要な対応について

    リスト/ライブラリで既定でクラシック表示を継続して利用する場合、以下の何れかの対応が必要になります。下記対応が実施されているリスト/ライブラリは、2019/4/1 以降も本変更による影響は受けません。

    1. サイト コレクション全体に対して、新しいエクスペリエンスを使用できないように設定する。
    2. サイトコレクション内の特定のサイトに対して、新しいエクスペリエンスを使用できないように設定する。
    3. リスト/ライブラリ毎に新しいエクスペリエンスを使用できないように設定する。

    1. 2. については PowerShell を利用した設定変更が必要となります。作業手順等の詳細は、以下の公開情報をご確認ください。

    タイトル : モダン リストとライブラリのエクスペリエンスをオプト アウトする

    アドレス https://docs.microsoft.com/ja-jp/sharepoint/dev/transform/modernize-userinterface-lists-and-libraries-optout

     

    なお、本設定は既存のサイト コレクション/サイト/リスト/ライブラリにのみ有効です。新規に作成するサイト コレクション/サイト/リスト/ライブラリでクラシック表示を既定で利用する場合は、都度上記の対応を考慮する必要があります。

     

    本変更が適用される時期について

    上述の通り、2019/4/1 以降に各テナントに順次本変更が適用される予定です。

    SharePoint Online の更新は自動で配信されるため、2019/4/1 に全テナントに一括で変更が反映される動作ではありませんが、対応が必要な場合は 2019/3/31 までに完了させることをご検討ください。

     

    クラシック表示の廃止予定はありません

    SharePoint Online で今後いつまでクラシック表示が利用可能であるかは多くの利用者の関心事項であると認識していますが、SharePoint Online でクラシック表示が廃止される予定は現時点ではありません。

    本変更がクラシック表示の廃止が計画されていることを意味するものではありませんので、この点についてはご安心ください。

     

    本件について続報が確認された場合は、本フォーラムでも可能な限り迅速に情報を共有するように努めてまいります。





    2019年1月17日 10:53
    モデレータ

すべての返信

  • 本変更をきっかけにモダン エクスペリエンスへの移行を検討されるとのフィードバックを多く頂いております。
    これに伴い、モダン エクスペリエンスとクラシック エクスペリエンスの相違点についてのご質問も頂いていますので、ご参考にしていただける公開情報を紹介します。

    タイトル : リストおよびライブラリの新しい環境とクラシック環境の違い
    アドレス : https://support.office.com/ja-jp/article/30e1aab0-a5cc-4363-b7f2-09e2ae07d4dc

    モダン エクスペリエンスは機能追加/改善が継続しているため、モダン エクスペリエンス向けに提供される機能は、以下の弊社ブログサイトを中心に都度情報が公開されています。併せてご参考にしていただけると幸いです。

    タイトル : Microsoft SharePoint Blog
    アドレス : https://techcommunity.microsoft.com/t5/Microsoft-SharePoint-Blog/bg-p/SPBlog

    * 本情報は英語のみとなります。
    2019年1月23日 7:34
    モデレータ
  • これまでモダン エクスペリエンスをオプトアウトする方法は PowerShell のみが提供されておりましたが、サイト コレクション全体のオプトアウトは画面上の操作でも実施できるようになりました。

    オプトアウトするサイト コレクションの "サイトの設定" ページにアクセスし、[サイト コレクションの機能] をクリックすると、[SharePoint リストおよびライブラリのエクスペリエンス] が追加されています。本機能をアクティブ化することでサイト コレクション全体でモダン エクスペリエンスをオプトアウトすることが可能です。


    2019年4月12日 5:56
    モデレータ