none
Community 2022でブレークポイントをクリックしての設置方法 RRS feed

  • 質問

  • 訳アリで設定のエクスポート、インポートなどをせずに、Visual Studio Community 2019から、Visual Studio Community 2022に変更したのですが、
    2019であった機能(恐らくデフォルトで有効のもの)で、ソースコードを開いて、左に表示される行数の辺りを選択すると、
    選択した行にブレークポイントを設定、もしくは解除、という機能が2022ではデフォルトの状態で有効ではありませんでした。

    ツール>オプションで表示される設定から、「ブレークポイント」、「スクロールバー」などで検索してもそれらしい切り替えられる設定は見つかなかったのですが、
    この機能を有効にするにはどうすればよいでしょうか。
    2021年11月28日 16:50

回答

  • 左に表示される行数の辺りを選択すると、
    選択した行にブレークポイントを設定、もしくは解除

    「行数の辺りを選択」ではなく、「行番号の左側にある余白部をクリック」ですよね。
    VS2022 に限らず、より古いバージョン(たとえば VS2008 など)も同じ操作です。

    [ツール]-[オプション] の [テキストエディター] で 表示▸インジケーター マージン に
    ☑が付いているかも確認してみてください。

    また、ブレークポイントを設定する方法はクリック以外にも幾つかありますが
    それらのいずれでもブレークポイントを設定できない状況なのでしょうか。

    ➀ F9 キーを押してみる。
    ➁ 右クリックして [ブレークポイント] メニューを選択する
    ③ [デバッグ]-[ブレークポイントの設定/解除]を使う
    ④ コマンド ウィンドウで「bp」コマンドを送出する(これは Debug.ToggleBreakpoint コマンドのエイリアスです)
    ⑤ 行番号の左側にある余白部を右クリック (VS2022 以降) してからの「条件付きブレークポイント」での代用

    2021年11月29日 0:41

すべての返信

  • 左に表示される行数の辺りを選択すると、
    選択した行にブレークポイントを設定、もしくは解除

    「行数の辺りを選択」ではなく、「行番号の左側にある余白部をクリック」ですよね。
    VS2022 に限らず、より古いバージョン(たとえば VS2008 など)も同じ操作です。

    [ツール]-[オプション] の [テキストエディター] で 表示▸インジケーター マージン に
    ☑が付いているかも確認してみてください。

    また、ブレークポイントを設定する方法はクリック以外にも幾つかありますが
    それらのいずれでもブレークポイントを設定できない状況なのでしょうか。

    ➀ F9 キーを押してみる。
    ➁ 右クリックして [ブレークポイント] メニューを選択する
    ③ [デバッグ]-[ブレークポイントの設定/解除]を使う
    ④ コマンド ウィンドウで「bp」コマンドを送出する(これは Debug.ToggleBreakpoint コマンドのエイリアスです)
    ⑤ 行番号の左側にある余白部を右クリック (VS2022 以降) してからの「条件付きブレークポイント」での代用

    2021年11月29日 0:41
  • ちなみに下記のケースではブレークポイントは設定できません。

    ・ デバッグ実行中で、かつ実行されないソースコード行。
    2021年11月29日 1:16
  • もしかするともっと根本的なところで、ソリューションもしくはプロジェクトファイルが開かれておらず、個別のソースコードだけを開いたとかでしょうか。

    プロジェクトを開いていないと デバッグする対象 が存在しません。

    2021年11月29日 2:46
  • インジケーター マージンで解決しました。
    ありがとうございました。
    2021年11月29日 11:25
  • すみません、特別な状況というわけではなく、インジケーターマージンというのが表示されていなかったようです。

    ご回答、ありがとうございました。
    2021年11月29日 11:26
  • すみません、特別な状況というわけではなく、インジケーターマージンというのが表示されていなかったようです。

    ご回答、ありがとうございました。
    2021年11月29日 11:26