none
SQL サーバーのデータベースが使用不可になる RRS feed

  • 質問

  • SQL サーバーでデータベースをアタッチし使用しているのですがどういう条件下で発生しているかは不明なのですが、3日
    ほどするとアタッチしたデータベースが使用不可になってしまいます。
    (使用不可:データベースが壊れたかのようにアクセスができなくなり・デタッチも受け付けなくなります)

    原因・解決法などわかる方がおられたらおしえていただけないでしょうか?
    よろしくお願いします。
    2009年3月2日 0:37

回答

  • こんにちは、naginoです。

    頂いた情報を拝見すると、SP 適応状況などは以下の環境と思われます。(一部略称にて記載しています)
     ● SQL Server は 2005 SP2 で、以後のパッチは未適用
     ● MDAC SP1 でこの環境としては最新
     ● MSXML は各バージョンが入っているが、それぞれのパッチの適用状況は不明
     ● IE 6.0 SP2
     ● .NET Framework 2.0 SP1 で、SP2 は未適用
     ● Windows XP で、SP は不明だが IE から考えるに SP2 以上と推測
    いくつか最新ではないコンポーネントがあるものの、概ね問題の無い範囲だと思われます。

    ディスクのサイズや状態も問題なさそうです。
    発生までの時間にばらつきがあるが、障害発生時のログや引き金となりそうな処理・操作が無いということですね。
    こうなると調査のとっかかり自体が少ないですね。
    一応コネクション数やロック状況を障害発生まで監視・ログ取得し続けるですとか手段があるにはありますが、その情報の解析はかなり手間がかかります。

    個人的には、似たような捉えどころの無い障害として、熱による不安定な動作が原因だったケースや、コネクションの不適切な管理による障害に遭遇したことがありますが、いずれも SQL Server とは関係ない事項が原因でして、本ケースが該当するかは何ともいえない(たぶん該当しない)ところです。

    他に環境を用意できるのであれば、一度そちらでも再現するかお試しください。
    また、各種コンポーネントのパッチが幾つか提供されていますので、可能であれば Microsoft Update にて最新状態にした上で再現するかお試しください。
    もしいずれでも再現するようであれば、本格的な調査が必要だと思われますので、有償サポートの利用をご検討されることをお勧めします。

    あまりお役に立てませんでしたが、ご参考になれば幸いです。


    MCITP(Database Developer/Database Administrator)
    • 回答としてマーク sk7474 2009年3月24日 5:28
    2009年3月6日 1:15
  • 問題の切り分けるために、定期的に DBCC CheckDB を、問題の発生するデータベースに実行してはどうでしょうか。
    大体 72時間で現象が再現するのであれば、 例えば 1時間後とに DBCC CheckDB を実行することより、データベースの破損などが確認出来るかもしれません。

    ちなみに、データベースの物理ファイルを配置しているディスクは、外付けディスク もしくは リモート先 でしょうか。

    • 回答としてマーク sk7474 2009年3月24日 5:28
    2009年3月6日 4:27

すべての返信

  •  こんにちは、naginoです。

    ちょっとご提示の情報だけで原因・解決策をすぐにというのは難しいかと思います。
    以下追加で情報提供いただけると情報が集まりやすくなるかと思いますので、ご確認ください。

    ● SQL Server のバージョンと SP 適用状況
    ● ファイルを配置しているディスクの空き容量、データファイルのサイズ、ログファイルのサイズ
    ● 障害発生前後の、OS ないしは SQL Server のログで関連しそうな内容がないか、あればその内容(要約せずに)
    ● 障害発生は必ずアタッチ後 72 時間か、48~72 時間の間か、ばらばらだがおおむね平均すると 72 時間ということか
    ● 週 2 回、あるいは 3 日置きに行っている処理が無いか(あるいは障害発生前に毎回行っている操作・バッチ処理がないか)
    ● ファイルを配置しているディスクにディスク障害が無いか(可能であればチェックディスク(chkdsk)コマンド等で確認してください)
    ● クラスタリング等複数サーバでの構成を行っているか、行っているならばその構成

    ディスク障害や空き領域不足であれば、はっきりするのですが・・・。

    MCITP(Database Developer/Database Administrator)
    2009年3月2日 3:53
  • 返信遅くなってしまって申し訳ありません。

    追加情報についてですが

    ①SQL Server のバージョンと SP 適用状況
     バージョン
      Microsoft SQL Server Management Studio Express      9.00.3042.00
      Microsoft Data Access Components (MDAC)      2000.085.1117.00 (xpsp_sp2_rtm.040803-2158)
      Microsoft MSXML      2.6 3.0 5.0 6.0
      Microsoft Internet Explorer      6.0.2900.2180
      Microsoft .NET Framework      2.0.50727.1433
      オペレーティング システム      5.1.2600
     SP適応状況とはどうすればわかるでしょうか?

    ②ディスクの空き容量、データファイルのサイズ、ログファイルのサイズ
      ディスクの空き容量 約400G 
      データサイズ        1G前後
      ログサイズ         500M前後

    ③ 障害発生前後の、OS ないしは SQL Server のログで関連しそうな内容がないか、あればその内容(要約せずに)
      特に見受けられませんでした。

    ④障害発生は必ずアタッチ後 72 時間か、48~72 時間の間か、ばらばらだがおおむね平均すると 72 時間ということか
      発生時間はまばらで最短2日ほどで出ることもあれば1ヶ月ほど出ないときもあります
      3日目に出ることがもっとも多いです。

    ⑤週 2 回、あるいは 3 日置きに行っている処理が無いか(あるいは障害発生前に毎回行っている操作・バッチ処理がないか)
      特には無いのですが データベースをインポートしている解析ソフトを操作していることが多いですが
      まったく操作していないときも同現象が起きています。

    ⑥ファイルを配置しているディスクにディスク障害が無いか
      特にみつけることができませんでした。

    ⑦クラスタリング等複数サーバでの構成を行っているか
      特に行っていません。

    以上になります。
    また必要な情報などありましたらよろしくお願いいたします。




    2009年3月5日 23:49
  • こんにちは、naginoです。

    頂いた情報を拝見すると、SP 適応状況などは以下の環境と思われます。(一部略称にて記載しています)
     ● SQL Server は 2005 SP2 で、以後のパッチは未適用
     ● MDAC SP1 でこの環境としては最新
     ● MSXML は各バージョンが入っているが、それぞれのパッチの適用状況は不明
     ● IE 6.0 SP2
     ● .NET Framework 2.0 SP1 で、SP2 は未適用
     ● Windows XP で、SP は不明だが IE から考えるに SP2 以上と推測
    いくつか最新ではないコンポーネントがあるものの、概ね問題の無い範囲だと思われます。

    ディスクのサイズや状態も問題なさそうです。
    発生までの時間にばらつきがあるが、障害発生時のログや引き金となりそうな処理・操作が無いということですね。
    こうなると調査のとっかかり自体が少ないですね。
    一応コネクション数やロック状況を障害発生まで監視・ログ取得し続けるですとか手段があるにはありますが、その情報の解析はかなり手間がかかります。

    個人的には、似たような捉えどころの無い障害として、熱による不安定な動作が原因だったケースや、コネクションの不適切な管理による障害に遭遇したことがありますが、いずれも SQL Server とは関係ない事項が原因でして、本ケースが該当するかは何ともいえない(たぶん該当しない)ところです。

    他に環境を用意できるのであれば、一度そちらでも再現するかお試しください。
    また、各種コンポーネントのパッチが幾つか提供されていますので、可能であれば Microsoft Update にて最新状態にした上で再現するかお試しください。
    もしいずれでも再現するようであれば、本格的な調査が必要だと思われますので、有償サポートの利用をご検討されることをお勧めします。

    あまりお役に立てませんでしたが、ご参考になれば幸いです。


    MCITP(Database Developer/Database Administrator)
    • 回答としてマーク sk7474 2009年3月24日 5:28
    2009年3月6日 1:15
  • 問題の切り分けるために、定期的に DBCC CheckDB を、問題の発生するデータベースに実行してはどうでしょうか。
    大体 72時間で現象が再現するのであれば、 例えば 1時間後とに DBCC CheckDB を実行することより、データベースの破損などが確認出来るかもしれません。

    ちなみに、データベースの物理ファイルを配置しているディスクは、外付けディスク もしくは リモート先 でしょうか。

    • 回答としてマーク sk7474 2009年3月24日 5:28
    2009年3月6日 4:27
  • こんにちは。中川俊輔です。

    naginoさん、NOBTAさん、回答ありがとうございます。

    karakaraさん、はじめまして。フォーラムのご利用ありがとうございます。

    その後いかがでしょうか?問題は解決しましたか?
    有用な情報と思われたため、naginoさん、NOBTAさんの回答へ回答マークをつけさせていただきました。

    今後ともフォーラムをよろしくお願いします。
    それでは!
    マイクロソフト株式会社 フォーラム オペレータ 中川 俊輔
    2009年3月24日 5:32