none
Windows8.1と10両方をサポートするストアアプリを作成するには RRS feed

  • 質問

  • 環境:

    Windows10

    Visual Studio 2015

    - - - - - -

    Windows8.1、Visual Studio 2013で作成したWindows8.1アプリ(Phoneはサポートしていないのでユニバーサルプロジェクトではありません)があり、これを元にWindows10のUXに対応したアプリを作成したいと思っています。

    Windows8.1のサポートを継続するので移行ではありません。

    既存のWindows8.1アプリのソリューションにWindows 10用のユニバーサルアプリのプロジェクトを追加して画面の移植を行おうと考えたのですが、その場合パッケージ名が異なってしまい、ストアに同じ製品として提出することができないのでは?と気づきました。

    別の方法を探していて、Win8.1用のユニバーサルWindowsアプリのソリューションなら、そこにWindows 10用のユニバーサルアプリのプロジェクトを追加して、「WINDOWS_UAP」というコンパイル時定数でコードの切り分けが出来るという記事を読みました。

    一つの製品でWindows8.1と10のUXに対応するアプリにするには、

    既存のWin8.1アプリソリューションをWin8.1用のユニバーサルアプリソリューションにして(たとえ8.1Phoneをサポートしなくても)、そこにWin10用のユニバーサルアプリのプロジェクトを追加して、Win8.1用から画面を移植して、8.1と10のコードの切り分けを行っていく方法が最善(または正解)なのでしょうか。

    また、この方法が最善の場合、今後Windows8.1と10両方のUXに対応する新しいアプリを作成するには、まずWin8.1用のユニバーサルアプリを作成してそこにWin10用のユニバーサルアプリのプロジェクトを追加していくしかないのでしょうか。

    他に良案、参照すべき記事などありましたらご教示いただければと思います。




    • 編集済み satobe 2015年8月5日 6:20
    2015年8月5日 5:07

回答