none
VS Code(C++)のインテリセンスに関しまして RRS feed

  • 質問

  • Build Tools for Visual Studio 2017

    Visual Studio Code 1.10.2
    をインストールしてC/C++エクステンションを導入済です。
    両者とも、システムドライブではないD:ドライブへインストールしました。

    そして、インテリセンスを使うために c_cpp_properties.json は
    {
        "configurations": [
            {
                "name": "Windows",
                "includePath": [
                    "D:/Microsoft Visual Studio/2017/BuildTools/VC/Tools/MSVC/14.10.25017/include",
                    "C:/Program Files (x86)/Windows Kits/NETFXSDK/4.6.1/include/um",
                    "C:/Program Files (x86)/Windows Kits/10/include/10.0.14393.0/ucrt",
                    "C:/Program Files (x86)/Windows Kits/10/include/10.0.14393.0/shared",
                    "C:/Program Files (x86)/Windows Kits/10/include/10.0.14393.0/um",
                    "C:/Program Files (x86)/Windows Kits/10/include/10.0.14393.0/winrt"
                ],
                "browse": {
                    "limitSymbolsToIncludedHeaders": true,
                    "databaseFilename": ""
                }
            }
        ]
    }
    となっています。
    メインのソースは
    #include <iostream>
    struct DATA {
        int a;
        double b;
    };
    int main(int argc, char **argv){
        DATA x;
        x.a = 0;
        x.b = 0.0;
        std::cout << "Hello world." << " " << x.a << " " << x.b << std::endl;
        return 0;
    }

    なのですが、DATAオブジェクトである xのメンバーを表示させようとして
    x.
    まで打ち込むと、まったく関係のないインクルードパス内にあるファイルのオブジェクトインスタンスの x のメンバーを表示してしまいます。
    c_cpp_properties.jsonの書き方について御指導お願い致します(説明のあるリンクでも構いません)。

    2017年3月12日 8:55