none
Visual Studio C++ 2005 EXPRESS起動中・終了後のC,CPPファイルの関連付けについて RRS feed

  • 質問

  • 初めて書き込みます。

    通常、私はc,cpp,hファイルを、テキストエディタ(秀丸)に関連付けています。

    そのためダブルクリックすると、それらのファイルは、

    テキストエディタでオープンされます。

    しかし、Visual Studio C++ 2005 EXPRESSを起動中に、
    cファイルかcppファイルをダブルクリックすると、 
    Visual Studioのエディタで開かれてしまいます。

    そして、起動していたVisual Studio C++ 2005 EXPRESSを

    終了して、再度cファイルかcppファイルをダブルクリックを開こうとすると、

    **************************************************************************

     「'C:\○○○○\△△△.cpp'が見つかりません。
      名前を正しく入力したかどうかを確認してから、
      やり直してください。
      ファイルを検索するには、[スタート]ボタンをクリックしてから、
      [検索]をクリックしてください。 」

    **************************************************************************

    というようなダイアログが出ます。

    (でも、開こうとしたファイルは確かに開かれます。)

    非常に使いにくくて困っています。何が悪いのでしょうか?

    わかる方、いらっしゃいましたら、ご回答くださいませ。

    以上、よろしくお願いします。

    2007年2月2日 14:32

すべての返信

  • あまり参考になりませんが、
    少なくともVisualStudio2005 Team Editionではそのような現象は起きていません。
    Express Edtionだからなのか、smilekanayamaさんのPC環境依存の問題なのか良く分からないですね。
    あと、特に書かれていないようですけれど、サービスパック等は当てているでしょうか?
    もしかするとサービスパックで既に対応済みと言うこともありえると思いますけれど。

    これ以上はExpress Edtionの検証ができる方にお任せします。

    2007年2月5日 6:34
  • 動作を見る限りでは、拡張子の関連付け情報が中途半端におかしくなっているような気がします。

    拡張子関連付けは、あと勝ちになりますので、一度秀丸で拡張子関連付けの再設定をしてみてはどうでしょう?

    あと、OSによって若干異なる部分があるので、環境の詳細は書いておいた方が良いですよ。

    おいらも、常用環境にExpressは入れていないのでこれ以上詳しいところは不明です。

    2007年2月5日 7:27