none
リソースマネージャモデルのVMで「Azure VM の計画的メンテナンスのスケジュールを設定する」ことは可能でしょうか。 RRS feed

  • 質問

  • こんにちは、rbと申します。

    「Azure VM の計画的メンテナンスのスケジュールを設定する方法(*1)」の記事を見ると
    1. クラシックデプロイモデルの場合、「単一インスタンス VM」と「複数インスタンス VM」としてVMが構成される。
    2. 計画的メンテナンスの更新は「単一インスタンス VM」と「複数インスタンス VM」で個別に行われるため
      VM を単一インスタンス (複数インスタンスの場合) または複数インスタンス (単一インスタンスの場合) として
      再構成することにより、VM の計画的メンテナンスが行われるタイミングを制御できます。との記載があります。

    この方法はリソースマネージャモデルにおいても可能でしょうか。
    公式ドキュメントや Microsoft 様の blog 等ご存知の方がいらっしゃいましたら
    ご教示頂ければ幸いです。


    よろしくお願い申し上げます。

    *1  https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/linux/planned-maintenance-schedule 

    2017年5月28日 8:40

回答

  • Japan Azure Technical Support Engineers' Blog に該当する記載がありました。
    結論は ASM, ARM ともに可能とのことです。

    Azure VM のメンテナンス FAQ
    ⇒ https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2016/03/25/azure-vm-sinins-maintenance-faq/
    ----------------
    [ 引用 ]
    Q. メンテナンスの回避策を教えて下さい。

    A. シングル インスタンスの場合は、可用性セットを組むことでメンテナンスを回避することができます。

    可用性セットは、本来同一の役割を有する VM を複数台構成していただき、グループ化するための機能とはなりますが、一台のみの環境でも設定は可能です。複数台を異なるサーバーへ配置するという本来の効果はありませんが、シングル インスタンスのメンテナンス回避には有効な対処策となります。

    しかしながら、可用性セットを設定することで、VM の再起動が必要になりますので、ご留意願います。また、リソースマネージャーモデルの VM を可用性セットに組み込むには、一度 VM を削除し、再度作成する必要がありますので、こちらも併せてご留意願います。

    ASM と ARM 環境で可用性セットを組む手順が異なりますので、以下に記します。

    [ 引用ここまで ]
    ----------------

    あとはメンテンナンスの日時をメールによる通知以外で確認する方法を調べれば
    計画を立てられそうです。

    ありがとうございました。

    • 回答としてマーク rb01wh 2017年6月3日 1:01
    2017年6月3日 1:01