none
x64環境でListViewは使えないはずが、Excel2019 x64でListViewが使える件に関して RRS feed

  • 質問

  • 掲題のOffice Excelのx64ではx86では使用できていたListViewは使えないものだと思っており、

    実際にExcel2017などで検証した際にはでは、参照するためのOCXが存在せずListViewを廃止しないといけないと思っておりました。

    しかし、Windows10 x64 のExcel2019(Professional Plus 2019)ですと

    MSCOMCTL.OCXが存在しており、参照するとListViewを表示・追加・操作することができます。

    コントールの追加の一覧にもListViewが選択しとして存在し、実際にListViewをフォームに追加することができました。

    ただし、なぜかツールボックスに表示される名称は「ListView」ではなく「不明」と出ます。

    Excel2019?では、x64のListViewがサポートされたのでしょうか?

    それとも環境構築の際に不正にライブラリが配置されたのでしょうか?

    ※環境構築を確認したところ、新規インストールであるため不正配置はありませんでした。

    x64環境でもListViewが使用できるのならVB.NETに該当処理を移植したりして

    ListViewの代替コントロールを作成しなくて済むため、非常に助かるのですが・・・。





    • 編集済み mogja 2019年7月26日 4:21 ライブラリ名を訂正
    2019年7月23日 11:37

回答

  • ListViewはMSCOMCTL.OCXにあるので、stdole2.tlbを参照したらどうこうというのはよくわかりませんが...

    64bitでのMSCOMCTL.OCXはoffice365版では2017年7月27日の更新でサポートされるようになってます。
    ファイル自体はC:\Program Files\Microsoft Office\root\vfs\Systemにあります。

    パッケージ版だと更新は遅れますがおそらく2019でサポートされているでしょう。


    個別に明示されていない限りgekkaがフォーラムに投稿したコードにはフォーラム使用条件に基づき「MICROSOFT LIMITED PUBLIC LICENSE」が適用されます。(かなり自由に使ってOK!)

    • 回答としてマーク mogja 2019年7月26日 4:16
    2019年7月26日 3:51

すべての返信

  • ListViewはMSCOMCTL.OCXにあるので、stdole2.tlbを参照したらどうこうというのはよくわかりませんが...

    64bitでのMSCOMCTL.OCXはoffice365版では2017年7月27日の更新でサポートされるようになってます。
    ファイル自体はC:\Program Files\Microsoft Office\root\vfs\Systemにあります。

    パッケージ版だと更新は遅れますがおそらく2019でサポートされているでしょう。


    個別に明示されていない限りgekkaがフォーラムに投稿したコードにはフォーラム使用条件に基づき「MICROSOFT LIMITED PUBLIC LICENSE」が適用されます。(かなり自由に使ってOK!)

    • 回答としてマーク mogja 2019年7月26日 4:16
    2019年7月26日 3:51
  • おお、x64もサポートされるようになったんですね知りませんでした。ありがとうございます。

    stdole2.tlbは勘違いでしたすみません。

    2019年7月26日 4:16