none
ヘッダを編集すると固まる原因と回避方法が知りたい RRS feed

  • 質問

  • VisualStudio2010でC++ソースを書いていると、突然、PCが固まります。しばらくするとものすごく鈍くながら反応するようになり、さらに待つと正常動作するようになります。

    地道に観察した結果、遅くなるときは以下の傾向があることが分かりました。

    ・ヘッダを編集すると発生する
    ・PCが固まってから正常動作するまでの間、VisualStudioのステイタスバーにVisualStudio2003では見かけなかったアイコンがアニメーションしている(ドキュメントに+が2個描いてあるアイコン)

    ここから、おそらくこの遅くなる原因は、ヘッダから何か情報を作っている(おそらく入力補完機能を実現させるため?)のではないかと予測し、そうしたことをさせない設定を探したのですが、見当たりません。

    毎回作業が5分ほど中断され、うっとおしくてかないません。
    この突然固まる機能をOFFにする方法があったら教えてください。
    また、調査の助けとなるような、この現象の原因とか仕組みが分かる方いらっしゃいましたら教えてください。

    2010年12月21日 1:31

回答

  • 「ツール」-「オプション」から「テキストエディター」-「C/C++」-「詳細」を選んで、「IntelliSenseの無効化」でしょうか。

    • 回答としてマーク 山本春海 2010年12月24日 8:34
    2010年12月21日 2:19

すべての返信

  • 「ツール」-「オプション」から「テキストエディター」-「C/C++」-「詳細」を選んで、「IntelliSenseの無効化」でしょうか。

    • 回答としてマーク 山本春海 2010年12月24日 8:34
    2010年12月21日 2:19
  • 有難う御座います!

    それのようです。今のところ中断されずに作業できています。

    入力補完はされなくなりましたが、いずれにせよ2010の入力補完は役に立つような立たないようなだったのでこれでいくこくとにします。

    助かりました。

     

    2010年12月21日 4:11
  • クラスビューやプロパティを開いている場合も、ドンくさいので、
    これらを閉じておくのも良いかもしれませんね。
    2010年12月21日 4:15
  • 有難う御座います。

    しかしクラスビューやプロパティについては、開いていても閉じてもあまり速度の印象が変わらないので、このままにしときます。

    2010年12月21日 10:13