none
制限ユーザでの.netFrameworkの使用 RRS feed

  • 質問

  • お世話になります。

    Administratorユーザで.netFramework 1.0 および対応アプリケーションをインストール後、
    制限ユーザにてそのアプリケーションを実行しようとすると、エラーになります。

    <エラーメッセージ(メッセージボックス)>
    Application has generated an exception that could not be handled.

    制限ユーザが.net対応アプリケーションを使用できるようにする方法をご教授いただけないでしょうか
    2008年3月31日 2:49

回答

  • こんにちは。中川俊輔 です。

     

    lagnaさん、フォーラムのご利用ありがとうございます。

    使用OSはVistaでしょうか?XPでしょうか?

    また、一時的に管理者として実行した場合もエラーが出るのでしょうか?

     

    アプリケーションやインストーラーの作りによっては、インストールしたユーザーでしか実行できないとか、

    管理者権限が必要なリソースにアクセスするといった制限があるのかもしれません。

     

    アプリケーションについて詳しい情報があったほうが回答を得やすいと思います。

     

    それでは!


    この投稿は現状のまま何の保証もなく掲載しているものであり、何らかの権利を許諾するものでもありません。コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。詳しくは http://www.microsoft.com/japan/communities/msp.mspx をご覧ください。

     

    2008年4月3日 9:44
  • そのアプリケーション(プロセス)がどのファイルにアクセスしようとしているかを見るにはFileMonというツールがマイクロソフトから提供されています。私は過去に何度かこのツールに助けられました。試してみる価値はあるかと思います。

    2008年4月24日 7:14

すべての返信

  • こんにちは。中川俊輔 です。

     

    lagnaさん、フォーラムのご利用ありがとうございます。

    使用OSはVistaでしょうか?XPでしょうか?

    また、一時的に管理者として実行した場合もエラーが出るのでしょうか?

     

    アプリケーションやインストーラーの作りによっては、インストールしたユーザーでしか実行できないとか、

    管理者権限が必要なリソースにアクセスするといった制限があるのかもしれません。

     

    アプリケーションについて詳しい情報があったほうが回答を得やすいと思います。

     

    それでは!


    この投稿は現状のまま何の保証もなく掲載しているものであり、何らかの権利を許諾するものでもありません。コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。詳しくは http://www.microsoft.com/japan/communities/msp.mspx をご覧ください。

     

    2008年4月3日 9:44
  • そのアプリケーション(プロセス)がどのファイルにアクセスしようとしているかを見るにはFileMonというツールがマイクロソフトから提供されています。私は過去に何度かこのツールに助けられました。試してみる価値はあるかと思います。

    2008年4月24日 7:14
  • こんにちは。森田 知良です。

     

    vbNullStringさん、有用な情報ありがとうございました。

     

    lagnaさん、フォーラムのご利用ありがとうございます。
    その後いかがでしょうか?

    vbNullStringさんの情報は、有用な情報と思われましたので、
    勝手ながら回答済みチェックをつけさせていただきました。
    lagnaさんは、回答済みチェックを解除することもできますのでご確認ください。

     

    回答済みチェックが付くことにより、有用な情報を探している方が情報を見つけやすくなります。
    有効な回答があった場合は、なるべく回答済みボタンを押してチェックを付けてくださるようお願いします。

     

    また、追加の質問などある場合は、是非もう一度投稿してくださるようお願いします。

     

    それでは、これからもフォーラムのご利用をよろしくお願いいたします。

     

    2008年5月1日 5:10