none
Site recoveryでパブリックロードバランサをしたい RRS feed

  • 質問

  • 一つ質問させてください。

    Azure Site Recoveryのフェイルオーバー及びテストフェイルオーバーを行う際、

    内部ロードバランサをあらかじめ復旧計画に組み込むことは確認しておりますが、

    パブリックロードバランサも内部ロードバランサのようにあらかじめ復旧計画に盛り込む事は不可能なのでしょうか。

    【実施したい事】

    テストフェイルオーバ及びフェイルオーバ時にDR環境でレプリカされたVMに対して

    パブリックロードバランサを自動的に紐づけるようにする設定方法

    わかりづらく申し訳ございませんが、ご教示頂けると幸いです。

    以上、よろしくお願いします。

    2020年1月23日 6:14

回答

  • 別途コストが掛かりますが、パブリック ロードバランサーの場合、Traffic Managerを使用する方法があるかと思います。

    Traffic Manager について
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/traffic-manager/traffic-manager-overview

    Azure Traffic Manager を使用した Azure への高可用性の地理的な AD FS デプロイ
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/identity/ad-fs/deployment/active-directory-adfs-in-azure-with-azure-traffic-manager
    • 回答としてマーク ibukicha 2020年1月24日 2:54
    2020年1月23日 6:45
  • ロードバランサの設定を追加する Azure Automation の Runbook を ASR の復旧計画に追加するのはいかがでしょうか。

    https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/site-recovery/site-recovery-runbook-automation

    コストが許すのであれば、フェイルオーバー先のパブリックロードバランサを事前に作っておくとよいでしょう。Automation の処理が少なくなります。
    • 回答としてマーク ibukicha 2020年1月24日 2:54
    2020年1月23日 15:56

すべての返信

  • 別途コストが掛かりますが、パブリック ロードバランサーの場合、Traffic Managerを使用する方法があるかと思います。

    Traffic Manager について
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/traffic-manager/traffic-manager-overview

    Azure Traffic Manager を使用した Azure への高可用性の地理的な AD FS デプロイ
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/identity/ad-fs/deployment/active-directory-adfs-in-azure-with-azure-traffic-manager
    • 回答としてマーク ibukicha 2020年1月24日 2:54
    2020年1月23日 6:45
  • ご回答いただきありがとうございます。

    内容が分かりづらく大変申し訳ございません。

    今回実施したい事は以下になります。

    仮想ネットワーク内のパブリックロードバランサとそれに付属するwebサーバ2台をASRでフェイルオーバしたとき、

    2台のwebサーバに付属する形でパブリックロードバランサをつけたいと考えております。

    上記内容を実施したい場合、何か方法などはございますでしょうか。

    改めてご教示頂けると幸いです。

    今回お時間を作ってくださりありがとうございます。
    今回お時間を作ってくださりありがとうございます。
    2020年1月23日 7:57
  • ロードバランサの設定を追加する Azure Automation の Runbook を ASR の復旧計画に追加するのはいかがでしょうか。

    https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/site-recovery/site-recovery-runbook-automation

    コストが許すのであれば、フェイルオーバー先のパブリックロードバランサを事前に作っておくとよいでしょう。Automation の処理が少なくなります。
    • 回答としてマーク ibukicha 2020年1月24日 2:54
    2020年1月23日 15:56
  • ご回答頂きありがとうございます。

    こちら確認させて頂きます!

    お時間作ってくださりありがとうございました!

    2020年1月24日 1:03