none
オブジェクト指向設計についての、良書を教えてください。 RRS feed

  • 全般的な情報交換

  • 最近、効率的な開発を目指して、オブジェクト指向設計について勉強しています。

    オブジェクト指向設計は、対象をAction、Controller、Service、Manager、Helper等の細かい機能の組み合わせで表現すると思うのですが、いざやってみようと思うと、夫々の言葉の定義が自分の中で不明確で、読み手に誤解を与える成果物にしかならない様な気がして困っています。

    ボキャブラリ(というのでしょうか?)・一般的に使われる概念を増やしたく、良書があればご紹介頂きたいのですが、どなたかご存知の方はいらっしゃいませんでしょうか?洋書・論文・論文誌など、何でも構いません。

    こういうものは一般的な概念を共通化しておけば、可読性に繋がると思うので、より一般的なものがあればと思っています。

    以上、ご協力の程、宜しくお願い致します。

    • 種類を変更済み 山本春海 2012年6月12日 6:14 情報交換
    • 種類を変更済み 山本春海 2012年6月12日 6:14 情報交換
    2012年5月27日 9:48

すべての返信

  • とりあえず有名な本を一つ紹介しておきます。

    『デザインパターンとともに学ぶオブジェクト指向のこころ』

    オブジェクト指向を学ばれるのでしたら、合わせてデザインパターンも学ばれると良いと思います。
    オブジェクト指向やデザインパターンの本や記事はたくさんあると思いますが、この辺りは.NET特有ではありませんので、.NETの枠を超えて探されても良いと思います。ただ、言語によって癖がありますので、その辺りはご注意下さい。しかし、そういう癖の違いを知ることが、より深い理解につながることもあります。同じところばかり見ていては、その本質に気付かないことがあります。


    ★良い回答には回答済みマークを付けよう! わんくま同盟 MVP - Visual C# http://d.hatena.ne.jp/trapemiya/

    2012年5月28日 8:12
    モデレータ
  • 古すぎて入手困難かもしれないのと、現代に通じるかは分かりませんが、良書と思います。

    「デザインパターン-オブジェクト指向における再利用のための」(ISBN:4-89052-797-4)

    ただ、読者に対する要求レベルは高いです。自分が理解できたかというと、はなはだ疑問ですが、思考方法は参考になりました。

    2012年5月28日 13:45
  • 一般論もいいですが…。

    普段使用されている言語はなんでしょうか? C++ならSTL、C# / VBなら.NETクラスライブラリーを使うはずで、使いながらどのようなクラス設計になっているのかを見ていくだけでも十分な勉強になると思います。
    更に1つの言語にとどまらず、複数の言語に触れてJavaScriptならどう表現されているなど比較していけば理解も進むかと思いますが。

    2012年5月28日 21:44
  • ご紹介有難う御座います。実はその本は持っています。

    確かに当初読んだときは位置付けやら何やらちんぷんかんぷんでしたが、最近になって開いてみると、まぁ、読める内容でした。ただ、見かけるソースコードにデザインパターンをあからさまに使っているような場合もあるんですが、上記の様に、Action、Controller、Service、Manager、Helperとかの機能に分類されている場合もあって、分析クラス図を作る場合には、ある程度モジュールとして採用される機能として雛形の様なパターンがあるのかなと思いご質問させていただきました。

    ご回答有難う御座いました。

    2012年6月3日 9:44
  • 読んでみたかったので買ってきました。ご紹介有難う御座いました。
    2012年6月3日 9:45
  • 確かに参考になります。

    そこは、どんどん資料やコードを読んで、イメージをつかんで(自分の解釈になりますが)吸収していくべき所なんでしょうか?

    2012年6月3日 9:51
  • 作りたいものは何でしょう?

    プログラム・コードを作りたいならたくさんコードを読むことはいいことだと思います。ライブラリーを使う場合、基本的には公開メンバーしか見れませんが、そこから内部実装がどうなっているのか窺うだけでも勉強になります。どんな言語を想定しているのか質問に答えてもらえませんでしたが、C++のSTLやJavaScriptなどのスクリプト言語ならソースコードも見れますからもっと良いかと。

    逆に書籍を執筆したいのなら、良書に限らずたくさんの本を読みいろいろな表現を知るのはいいことだと思います。

    2012年6月4日 7:07
  • わたしも 「デザインパターンとともに学ぶオブジェクト指向のこころ」 はお勧めです。

    >こういうものは一般的な概念を共通化しておけば、可読性に繋がると思うので、より一般的なものがあればと思っています。

    同じ言葉でも書籍により微妙にニュアンスが変わるうえ、翻訳本だと誤訳の場合もあるので、可能ならより多くの書籍を読んで知見を広げておくといいと思います。あとこちらの記事も読んでおくのもいいかも知れません。

    http://d.hatena.ne.jp/bleis-tift/20090201/1233426011


    ひらぽん http://d.hatena.ne.jp/hilapon/

    2012年6月4日 8:59
    モデレータ
  • こんにちは、Humpty-Dumpty さん。
     
    MSDN フォーラムのご利用ありがとうございます。オペレーターの山本です。
    こちらの話題は、質問というより、広く意見を募られているように見受けられましたので、スレッドの種類を [全般的な情報交換] に変更させていただきました。
    よろしくお願いいたします。
    _____________________
    日本マイクロソフト株式会社 フォーラム オペレーター 山本 春海
    2012年6月12日 6:14