none
AzureVMのWindowsServer2012有効期限切れについて RRS feed

  • 質問

  • Azure上に構築したVMにWindow Server 2012 R2を入れていたのですが、5か月ぶりにリモートデスクトップ接続すると、

    「Windowsのライセンスの有効期限がもうすぐ切れます」

    と表示されました。

    どのようなケースが考えられますでしょうか?

    9月にMicrosoftの契約を新しく移行したため、もしかしたら関係しているのかもしれないですが、どう対策すれば良いのかわからないため質問させていただきました。


    • 編集済み ww-chan 2019年10月1日 10:01
    2019年10月1日 10:01

すべての返信

  • こんにちは

    kmsサーバーとの通信がうまくいっていないのかもしれません。

    以下のページが参考になる可能性があります。
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/troubleshooting/troubleshoot-activation-problems?WT.mc_id=AZ-MVP-4039944

    ちなみに、ExpressRouteをお使いの場合には正しい設定をしないとおこりがちな問題ですが、ExpressRouteは利用していますか?

    2019年10月2日 1:37
  • ありがとうございます。

    再度リモート接続したところ、有効期限が延長されていました。上記仕様を知らなかったので、理解が深まりました。

    2019年10月2日 11:14
  • u-chanさん、こんにちは。フォーラムオペレーターのHarukaです。
    ご返信いただきありがとうございます。


    先ずは、VMsNSG構成を確認し、ポート1688を許可するルールを作成することを勧めします。その原因について、Windows VMsを有効にするようには、バージョンによって KMS client setup key構成する必要があり、kms.core.windows.netでポート1688に接続する必要があります。

     

    宜しくお願い致します。


    MSDN/ TechNet Community Support Haruka
    ~参考になった投稿には「回答としてマーク」をご設定ください。なかった場合は「回答としてマークされていない」も設定できます。同じ問題で後から参照した方が、情報を見つけやすくなりますので、 ご協力くださいますようお願いいたします。また、MSDNサポートに賛辞や苦情がある場合は、MSDNFSF@microsoft.comまでお気軽にお問い合わせください。~

    2019年10月4日 7:30
    モデレータ