none
ファイルサーバーのエクセルファイルを開くときに実施されているプロセス RRS feed

  • 質問

  • ファイルサーバーに保存されている、エクセルファイルを開く処理が遅く

    一旦ファイルをローカルにコピーして、そのファイルを開き、処理を行った後削除するという内容のプログラムに変更したところ

    トータルの処理時間が半分ぐらいになりました。(15秒が7秒とか)

    元の処理で、変更後の処理と同じようなことを内部で行っていると思っていたのですが

    何か特殊な処理が入るのでしょうか?

    ファイルを開く処理は以下で行っています

    Application.Workbooks.Open(path, ReadOnly:=True)

    ファイルサーバーやネットワークなどに問題があることはわかっているので、そこについては保留とさせてください。

    2018年11月1日 1:56

回答

  • エクセルのオプション設定から「セキュリティセンターの設定」を開くと「保護されたビュー」という項目があります。

    これが影響しているということはないでしょうか?

    • 回答としてマーク alex6021 2018年11月6日 4:45
    2018年11月1日 6:10

すべての返信

  • エクセルのオプション設定から「セキュリティセンターの設定」を開くと「保護されたビュー」という項目があります。

    これが影響しているということはないでしょうか?

    • 回答としてマーク alex6021 2018年11月6日 4:45
    2018年11月1日 6:10
  • ご回答ありがとうございます。

    また、返信が遅くなり申し訳ありません。

    【データ実行防止モードを有効にする。】のみチェックになっていました。

    セキュリティの観点で、特別の処理が入るというのはありえそうな話ですね。

    時間があるときに検証してみたいと思います。

    2018年11月6日 4:44