locked
Exchange 2013 の OWA で IM を統合する。Part1 RRS feed

  • 全般的な情報交換

  • 第一回の今回は、Technet や様々な Blog で展開手順については公開されていますが、日本語環境で改めておさらいをしてみたいと思います。

    環境としては、以下の環境です。

    Lync : Windows Server 2008 R2 SP1 + Lync Server 2013 Std

    Exchange : Windows Server 2008 R2 SP1 + Exchange 2013 (One Box)

     

    Exchange 2013 (One Box) の設定

    1.  Exchange Server 管理シェルを起動します。

    2. OWA 仮想ディレクトリの IM に関するパラメータを確認します。

    Get-OWAVirtualDirectory |FL identity,*instant*

    3. InstantMessagingCertificateThumbprint に設定する証明書の Thumbprint を確認します。

    Get-ExchangeCertificate |fl

    4. InstantMessagingType を設定します。

    Get-OWAVirtualDirectory |Set-OWAVirtualDirectory  -InstantMessagingType "OCS"

    5. 正しく設定されたか確認します。

    Get-OWAVirtualDirectory |FL identity,*instant*

    6. テキスト エディター で Owa の Web config ファイルを開きます。

    パス: x:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\V15\ClientAccess\Owa

    7.  “</appsettings>” を検索し、次の二つのキーを追加します。

     <add key="IMCertificateThumbprint" value="<証明書の拇印>" />

     <add key="IMServerName" value="<Lync のプール名>" />

    Lync Server 2013 の設定

    1. トポロジ ビルダーを起動しトポロジをダウンロードします。

    2. [Lync Server 2013]-[信頼済みアプリケーション サーバー] をクリックし、[新しい信頼済みアプリケーション プール] をクリックします。

    3. Exchange 2013 の FQDN を設定し [次へ] をクリックします。

    4. [次ホップ プールの関連付け] にチェックを入れ、Exchange で設定した Lync プールを選択し、[完了] をクリックします。

    5. トポロジを公開します。

    6. Lync 管理シェルを起動し信頼済みアプリケーションを登録します。

    New-CsTrustedApplication -ApplicationID "<任意>" -TrustedApplicationPoolFqdn "<Exchange FQDN>" -Port "<重複しないポート番号>"

    7. Enable-CsTopology を実行します。

    動作確認

    OWA で接続し、プレゼンスを確認します。

    なお、これらの設定を行っても、プレゼンスが表示されない場合は、Technet の記載の通り、

    C:\Windows\System32\Inetsrv\Appcmd.exe recycle apppool /apppool.name:"MSExchangeOWAAppPool"

    を実行してみてください。

    それでも回避しない場合は、IISReset で IIS ごとリセットしてみてください。



    2019年4月19日 10:34
    所有者