none
プロジェクトからの除外したものを、再度追加した場合にデザイナーが使えません。 RRS feed

  • 質問

  • C++/CLIでWindowsフォームを作成し、”プロジェクトからの除外”で除外したものを
    再度使うために、”既存の項目の追加”で追加しようとしていますが、ヘッダーファイルが
    追加されるだけで、デザイナーが使えません。どうしたら使えるようになりますか?
    2009年6月11日 4:50

回答

  • Alt+Enter で出てくるプロパティから、そのファイルの種類を指定できます。
    ヘッダと resx はセットなので resx もプロジェクトに追加する必要がありますが、ファイルの種類を選べば自動で追加してくれたかも知れません。
    • 回答としてマーク クサキ 2009年6月12日 0:11
    2009年6月11日 5:22
  • Alt+Enterはどこで押すのですか?
    ソリューションエクスプローラ上で、ヘッダファイルを選択してから押してみて下さい。
    右クリック - プロパティではなく、表示メニューからたどる方のプロパティウィンドウが表示されるはずです。

    • 回答としてマーク クサキ 2009年6月12日 0:11
    2009年6月11日 11:47

すべての返信

  • Alt+Enter で出てくるプロパティから、そのファイルの種類を指定できます。
    ヘッダと resx はセットなので resx もプロジェクトに追加する必要がありますが、ファイルの種類を選べば自動で追加してくれたかも知れません。
    • 回答としてマーク クサキ 2009年6月12日 0:11
    2009年6月11日 5:22
  • ヘッダも resxも一緒に追加していますが、 resxがヘッダの配下になく、
    ヘッダは単独で存在し、アイコンもC++の普通のアイコンのようになっています。

    Alt+Enterはどこで押すのですか?

    2009年6月11日 8:58
  • Alt+Enterはどこで押すのですか?
    ソリューションエクスプローラ上で、ヘッダファイルを選択してから押してみて下さい。
    右クリック - プロパティではなく、表示メニューからたどる方のプロパティウィンドウが表示されるはずです。

    • 回答としてマーク クサキ 2009年6月12日 0:11
    2009年6月11日 11:47
  • ソリューションエクスプローラ上で、ヘッダファイルを選択しただけで、プロパティウィンドウが表示され目的は達成できた。
    (特に、Alt+Enterは押す必要はありませんでした。また、resx も自動的に追加されました。)
    ありがとうございました。

    2009年6月12日 0:11