none
論理的な削除のスナップショットからBlobを復旧した後のスナップショットの保存日数について RRS feed

  • 質問

  • Blobの論理的な削除機能を有効にしている場合を考えます(保存期間N日)。

    毎日一回Blobを上書きしていると、スナップショットがN個できます。
    この中から、特定時点のスナップショットから復元するには、以下の手順を経る必要があります。

    • ベースBlobをUndeleteして、そのBlobのすべてのスナップショットの削除を取り消す
    • 所望のスナップショットからベースBlobにコピーする(スナップショットの昇格)
    • すべてのスナップショットを削除する

    この作業の前後で、スナップショットの保存期間が以下のように変わってしまいます。

    • 作業前: M日前に上書きしてできたスナップショットの保存期間は(N-M)日
    • 作業後: 全てのスナップショットが保存期間N日

    このようにスナップショットの保存期間が延長され、Blob容量を長い期間浪費してしまいます。

    論理的な削除で、スナップショットから復旧する場合、この問題は避けられないのでしょうか?


    • 編集済み hkcomori 2020年3月12日 11:06 書き間違いの修正
    2020年3月12日 11:05

回答

  • REST API で undelete する際に、明示的に有効期限を設定することができないもようなので、現状の仕様が確認されている動作になっている場合は、対処が難しいかもしれません。
    なお、動作検証はしておりませんが、undelete する前に、一時的に論理的な削除期間を短い期間に設定し、undelete 後、設計した有効期限に戻した場合、暫定対処になるかもしれません。
    • 回答としてマーク hkcomori 2020年4月1日 8:16
    2020年3月13日 2:48

すべての返信

  • REST API で undelete する際に、明示的に有効期限を設定することができないもようなので、現状の仕様が確認されている動作になっている場合は、対処が難しいかもしれません。
    なお、動作検証はしておりませんが、undelete する前に、一時的に論理的な削除期間を短い期間に設定し、undelete 後、設計した有効期限に戻した場合、暫定対処になるかもしれません。
    • 回答としてマーク hkcomori 2020年4月1日 8:16
    2020年3月13日 2:48
  • やはりそうですか。
    あまり複雑なことはしたくないので、削除期間を動的に変更するようなことはせず、保存期間を許容可能な範囲で短くする程度にしておこうと思います。
    ありがとうございました。
    2020年4月1日 8:16