none
SQL Server 2014 Enterprise Edition メモリ最適化テーブルのサイズ上限値について RRS feed

  • 質問

  • お世話になります。

    メモリ最適化テーブルにおけるサイズ上限値を知りたく、MSDNの文書を参照したところ、以下の文書がありました。

    メモリ最適化テーブルを使用するための要件:https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn170449(v=sql.120).aspx

    上記文書内のインメモリOLTPの使用に関する重要な注意事項という項目において、

    データベース内の持続性のあるすべてのテーブルのメモリ内サイズの合計は 250 GB を超えないようにする必要があります。
    原文 : The total in-memory size of all durable tables in a database should not exceed 250 GB.

    という箇所がありました。

    この文書の意味するところは、以下の2つのうちどちらでしょうか。 

    1. 1つのデータベースにおけるメモリ最適化テーブルの合計サイズは250GBまでである。
    2. メモリ最適化テーブルのうち、Durability = schema and dataとした場合には合計サイズが250GBまでだが、Durability = schema onlyとした場合はこの制限は適用されない。

    和訳側の持続性のあるという箇所で前述の疑問が生じました。

    要するにSQL Server 2014のインメモリOLTPは250GBまでしか使えないのかどうかが分からないという内容です。

    若しくは全く解釈が間違っているのでしょうか。

    検証環境ではそこまでの大量のメモリを用意できないこともあり、皆様のご意見を頂戴できますと幸甚です。

    以上宜しくお願い致します。

    2015年9月9日 3:47

回答

  • 自己レスです。

    やはり256GBで間違いなかったようです。確認が取れました。

    250GBというMSDNのサイトは転記ミスですかね。

    • 回答としてマーク 星 睦美 2015年9月24日 5:27
    2015年9月14日 9:26