none
他国化・多種OS対応のフォントについて RRS feed

  • 質問

  • 御世話になっております

    現在、Azureを用いて販売管理を検討しています

    ユーザ様と打合せにてフォントについて課題が上がりました

    今回、システムを利用する国がアジア圏、欧州圏、日本での運用をしています

    その際に、テキストのフォントをMSゴシックやAraialでフォントを指定をすると

    中国語やハングル文字や日本語などと様々な言語を使用します

    日本から出張で中国にいった場合、端末は中国の端末ですが、入力は日本語となりますが

    (IMEのフォントを追加する為、日本語入力は可能です)

    表示する際に代替フォントに変更されるかと思います。

    そこで、Azureにて各国の言語をサポートしているフォントはありますか

    また、上記の代用案として操作者単位にフォントを指定するなどの考慮が必要でしょうか

    2012年2月20日 5:25

回答

  • Web アプリケーションなんですよね?

    であれば、Azure のインスタンスでどんなフォントが使えるかは関係無いような気がしますが…

    各国語をすべて各言語なりに自然に表示できるフォントは無いはずです。

    Web アプリケーションなら、表示言語ごとに CSS で適切なフォントを設定するしかありません。

    クライアントにそのフォントがなかった場合どうするか?という話しなら、すでに出ているように Web フォントの利用などを検討してみるのも手です。

    2012年2月20日 14:08

すべての返信

  • こんにちは。

    Windows Azure上のインスタンスは一般的な英語版Windows Server 2008 (R2)と同程度なので、サーバー上にインストールされるフォントもそちらに準拠したものになると思います。

    Webフォントを利用するのであれば個別に(Windows Azureのサービスパッケージ内にて)フォントをインストールする必要があります。
    手順などはこちらのURLが参考になるかと思います。

    http://d.hatena.ne.jp/haru-tama/20111018

    ※インストールするフォントのライセンスはそれぞれ確認が必要です。

    また外部のサービスを使う、クライアント側で(クライアントにインストールされているフォントを)指定させるなども良いかと思います。このあたりは一般的なWebアプリケーションと考え方が変わらないと思われます。

    2012年2月20日 6:17
    モデレータ
  • こんにちは

    AzureのインスタンスにRemoteDesktopで接続してフォントリストを出してみました。

    中国語(MingLiU)、ハングル(Gulim)のフォントも含まれていました。

    2012年2月20日 7:34
  • Web アプリケーションなんですよね?

    であれば、Azure のインスタンスでどんなフォントが使えるかは関係無いような気がしますが…

    各国語をすべて各言語なりに自然に表示できるフォントは無いはずです。

    Web アプリケーションなら、表示言語ごとに CSS で適切なフォントを設定するしかありません。

    クライアントにそのフォントがなかった場合どうするか?という話しなら、すでに出ているように Web フォントの利用などを検討してみるのも手です。

    2012年2月20日 14:08