none
SQLServer2008SP1の仮想マシンへのインストールについて RRS feed

  • 質問

  • お世話になります。sekiokaです。

    以下環境にてSQLServer2008SP1を仮想マシンへインストールしようと

    していますが、インストールが行えません。顧客環境のためDVDは持込禁止なため

    isoファイルのみでインストールを行いたいです。

    【環境】

    OS:WindowsServer2008 R2 (仮想マシン)

    DB:SQLServer2008 SP1 Standard

    .net Framework 3.5.1

    【実施手順】

    ① VLSCより、以下isoファイルをダウンロード

      SW_DVD5_NTRL_SQL_Svr_2008_SP1_Japanese_X15-51861.ISO

    ② Hyper-Vの仮想マシン「設定」にて、上記isoファイルをマウント

    ③ 仮想マシンよりマウントされたisoファイルをクリック

      (セットアップサポートファイルがローカルのC:\ProgramFiles\Microsoft SQL Server\100に展開される)

    ④ C:\ProgramFiles\Microsoft SQL Server\100\Setup Boostrap\Release\setup.exe

       をクリックし、「SQLServerインストールセンター画面」の

       インストール→SQLServerの新規スタンドアロンインストールまたは既存のインストールへの機能の追加をクリック。

    【発生した障害事象】

    上記④オペレーションにて、「SQLServer2008 インストールメディアの参照」画面が出力される。

    仮想マシンにマウントしたisoファイルのドライブを選択しても下記MSGが出力されて駄目だし

    展開されたC:\ProgramFiles\Microsoft SQL Serverや、それ配下のサブディレクトリを選択

    しても駄目。

    【エラーMSG】

    XX(選択したフォルダ)は無効なインストールフォルダです。

     

     

     

     

     

     

    2012年1月5日 7:14

すべての返信

  • SQL Server デベロッパー センター向けの質問なのでしょうか。開発と何ら関係のなさそうな質問に見受けられますが。製品の購入元に問い合わせてみてはどうでしょう?
    2012年1月5日 7:46
  • 佐祐理様:

    sekiokaです。

     

    マイクロソフトの製品ご購入後の問い合わせセンターへ問い合わせ致しましたら

    当ページを紹介頂きましたため、ご質問させて頂きました次第です。

    当ページでは不適切な質問でしたら申し訳ございません。

     

     

    2012年1月5日 8:06
  • これは失礼しました。顧客環境へのアプリケーションインストールが開発の一部に含まれるとは予想外でした。
    2012年1月5日 10:07
  • 佐祐理様:

    sekiokaです。

     

    > 顧客環境へのアプリケーションインストールが開発の一部に含まれるとは予想外でした。

    → MSの製品ご購入後の問い合わせセンター曰く、

    通常のレガシー環境では、「SQLServerインストールセンター画面」の

    インストール→SQLServerの新規スタンドアロンインストールまたは

    既存のインストールへの機能の追加をクリックした際には、「SQLServer2008 インストールメディアの参照」画面は

    出力されないとの事です。(私もレガシー環境ではそのようなものは今まで見た事がありません。)

     

    今回はHyper-V上の仮想マシンでisoファイルをマウントした際、そのような画面が出力されたので、何かしらSQLServerの

    インストーラが仮想環境ならではの何かが不足しているため要求している、との事です。

     

    よって、メディアに内包されているツールやデバイスを要求するためにそのような画面を出力させており、

    MSの製品ご購入後の問い合わせセンターでのナレッジにはそのような実例が無いとの事で、

    SQL Server をよく使用されているSQL Server デベロッパー センターの方々であればそのような事象を解決された

    方がおられるかも、という事で紹介頂きました。

     

    2012年1月5日 11:59
  • 恐らく関係無いとは思いますが、setup.exe を実行する時は「右クリック」=>「管理者として実行」で行われてますよね。

    2012年1月6日 0:34
  • これは失礼しました。顧客環境へのアプリケーションインストールが開発の一部に含まれるとは予想外でした。

    このSQL ServerフォーラムはTechNetフォーラムと共通ですから、TechNetフォーラムから入って質問を記述されたのかもしれませんね。

    TechNetフォーラム
    http://social.technet.microsoft.com/Forums/ja-jp/categories

    ところで本題ですが、その参照画面で以下を指定されてみてはいかがでしょうか?

    <drive>:\Program Files\Microsoft SQL Server\100\

    (参考)
    New installation or add features to an existing installation
    http://social.msdn.microsoft.com/Forums/en-US/sqlexpress/thread/73625259-2e21-4bb1-993e-637d22a93eec

     


    ★良い回答には回答済みマークを付けよう! わんくま同盟 MVP - Visual C# http://d.hatena.ne.jp/trapemiya/
    • 編集済み trapemiya 2012年1月6日 2:04
    2012年1月6日 2:04
  • aviator__様
    setup.exe を実行する時は「右クリック」=>「管理者として実行」で実行しております。
    trapemiya様

    > その参照画面で以下を指定されてみてはいかがでしょうか?

    >  <drive>:\Program Files\Microsoft SQL Server\100\

    → はい。上記フォルダを指定しても「XX(選択したフォルダ)は無効なインストールフォルダです。」の画面が出力されて
    受け付けてくれません。
    \Program Files\Microsoft SQL Server\のサブフォルダ全て指定してみましたが全てOUTでした。
    社内で顧客と同様の仮想環境を用意し、再度調査、駄目そうであればDVDに焼いてOKとなるのか、
    OKの場合、何がisoからインストールするのと差異があるのかを切り分けるしかないと
    今は考えております。
    MSから提供されているisoファイルを使用して、MSのHyper-Vを使用してMSのOSの仮想マシンに
    インストールするだけなのに何が駄目なのか、、、不思議です。

    2012年1月6日 6:00
  • ISOファイルを仮想マシンにマウントするとDVD(通常DやEドライブなど)にSQL Serverのイメージがマウントされるはずです。

    そのDVDのルートフォルダにあるsetup.exeを動かせばいいはずですよ。C:\ProgramFiles\Microsoft SQL Server\100\Setup Boostrap\Release\setup.exeを実行する必要はありません。私はそんな手順でインストールしたことはありません。

     


    Thanks,K.Kamegawa (http://d.hatena.ne.jp/kkamegawa/)
    2012年1月7日 17:21
  • kkamegawa様

    sekiokaです。

     

    > そのDVDのルートフォルダにあるsetup.exeを動かせばいいはずですよ。

    → ISOファイルを仮想マシンにマウントすると、64bit版、32bit版のsetup.exeファイルが

      現れますので、64bit版のexeをクリックするとセットアップサポートファイルを展開する

      旨の画面が出力され、ローカルのC:\ProgramFiles\Microsoft SQL Server\100が

      作成されるのです。

      そこで、exeは実行が終了するため、作成された

      C:\ProgramFiles\Microsoft SQL Server\100\Setup Boostrap\Release\setup.exe

        を起動するしかインストールを続行する手段がありません。

      上記setup.exeを起動しても、おなじみの、「SQLServerインストールセンター画面」が出力

      されますし、手順は間違ってはいないと思います。

      MS製品担当者は、仮想環境のためインストーラが何か仮想環境のため不足しているから

      「SQLServer2008 インストールメディアの参照」画面が出力される。(通常は出力されない)

      但し、何が不足しているかは分からない、とのことです。

      SQLServerインストール要件(空きDiskや.netのバージョンなど)はMSのHPで確認し

      満たしている仮想環境です。

     

    2012年1月9日 3:23