none
Get-SPOSite コマンドの実行時の注意点について RRS feed

  • 全般的な情報交換

  • SharePoint Online の標準 PowerShell コマンドレットとして用意されている Get-SPOSite コマンドの実行時の注意点についてです。

    Get-SPOSite コマンドを "-Identity" パラメータを使用せずに実行した場合、いくつかのプロパティにおいて、実際の設定値とは異なる値が返される事象が発生する場合があることが報告されております。
    例えば、テナント内の各ユーザーの OneDrive for Business の共有設定に関するプロパティ (SharingCapability および SiteDefinedSharingCapability) を確認するために、下記のコマンドを実行するとします。

    【コマンド例 1】
    Get-SPOSite -IncludePersonalSite $true -Limit All -Filter "Url -like '*contoso_onmicrosoft_com*'" | Select-Object Owner,SharingCapability,SiteDefinedSharingCapability

    出力結果において、特定のユーザーの OneDrive for Business に着目すると、次のように返されているとします。

    【出力結果 1】
    Owner                                                              SharingCapability   SiteDefinedSharingCapability
    -----                                                                    -----------------        ----------------------------
    testuser@contoso.onmicrosoft.com   ExternalUserAndGuestSharing                                Disabled


    次に、上記で確認したユーザーの OneDrive for Business の URL を "-Identity" パラメータに指定して Get-SPOSite コマンドを実行します。

    【コマンド例 2】
    Get-SPOSite -Identity https://contoso-my.sharepoint.com/personal/testuser_contoso_onmicrosoft_com | Select-Object Owner,SharingCapability,SiteDefinedSharingCapability

    その結果、次のように【出力結果 1】と異なる値が返されることがあります。

    【出力結果 2】
    Owner                                                      SharingCapability     SiteDefinedSharingCapability
    -----                                                            -----------------          ----------------------------
    testuser@contoso.onmicrosoft.com  ExternalUserSharingOnly   ExternalUserAndGuestSharing

    上記のように、Get-SPOSite コマンドの実行時、"-Identity" パラメータの有無により、返される値が異なる場合があることが確認されており、"-Identity" パラメータを使用して取得された値が正確な設定値であることが確認されております。
    なお、本動作は "-Identity" パラメータの有無により、内部的に使用されるデータ取得のメソッドが異なるために発生することを確認しております。

    マイクロソフト サポートでは、本動作について開発部門に報告を行っておりますが、現時点におかれましては、Get-SPOSite コマンドの実行時に "-Identity" パラメータをご使用いただくことで、正確な値をご確認くださいますようお願いいたします。
    なお、取得されるサイト コレクション数が多く、処理時間や要求数がネックになる場合は、サイト コレクションの一覧をリスト化し、分割して取得を試みることをご検討くださいますようお願いいたします。

    お客様にはご迷惑をお掛けしており申し訳ございません。
    引き続き Office 365 をよろしくお願いいたします。

    ※ 本情報の内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

    2019年3月7日 7:06
    モデレータ