none
Visual Studio2005 Pro /w MSDN インストーラのバクレポート RRS feed

  • 質問

  • VSUGにも書きましたが、MSDNフォーラムにも投稿すべきとの意見から

    こちらにも書きます。


    おとといから、開発環境用にノートPCが1台やってきたので、
    VS2005 Proを早速インストール開始しました。

    しかしCD-ROM2枚目に進みインストールタスク上は、VisualStudio2005をインストールしているタスクにおいて、プログレスバーも後半に近づいてきたときに、
    インストーラがハングアップしました。
    実行中のプロセスは[RemoveTempHxDs]と言う内容でとまっている模様です。

    パッケージCD-ROMに傷があるのかと思い、ここまでのインストールをすべてキャンセルし、再挑戦したが、やはり、[RemoveTempHxDs]でかたまってしまう。

    同様に何度もインストールを実行をしても、同じところでハングアップ・・・。

    MSDNページやネットでぐぐっても、症状は出てこないし、さすがに困ったので、サポセンに電話・・・。

    今朝で技術担当から電話を頂き、調べてもらったが、同様の事例は今の所報告されていないとの事、社内で検討しますとの回答でした。

    そこで、インストールログをTEMPから、拾い上げ調べてみたところ、
    [RemoveTempHxDs]を実行するファイルパスが、間違っている事に気づいた。
    [RemoveTempHxDs]を実行する先が、c:\\Document and Setting\\UserName\\.....なのだが、UserNameが、日本語だと一部認識されない模様で、正しいUserNameではなくなっていた。
    この認識の違いは、インストーラ前半では起こらないらしく、実行PATHは正しいPATHなのだが、[RemoveTempHxDs]付近になると、2バイト文字が文字化けすることがあるようです。
    私の場合は「苗字 名前」(社内のアドミがつけたユーザー名)だったのだが、どうやら、名前の一文字目以降からの認識がおかしくなっているようでした。

    まだ、MSDNやUG等で報告がされていない内容だと思うので、今後インストーラではまることがあった場合には参考にしてください。

    なお、インストールではまった場合には、インストールログを参照するといいと思います。

    2006年7月6日 12:50

すべての返信

  • sakuhiroさんと同様の現象に遭遇しました。
    VisualStudio2005のインストール中Disc2のRemoveTempHxDsで止まってしまいました。
    ただ、私の場合はUserNameも最初から半角英数しか使っておらず
    その点ではsakuhiroさんとは違う状態でした。

    結局、サポートに電話したところ
    常駐ソフトを止めた状態でインストールしてほしいとのことで
    システム構成ユーティリティでスタートアップ項目を全てはずし
    サービスをMicrosoft以外は全て止めて再起動しインストールしたところ
    うまくインストールができました。

    sakuhiroさんの現象と原因が同じなのかは分かりませんが
    一応対処できたので報告しておきます。



    2007年7月23日 6:44