locked
2015 年 1 月 1 日以降、Windows Phone 7.x デバイスの開発者アンロックができなくなります。 RRS feed

  • 質問

  • このスレッドは、英語版スレッドの翻訳(意訳)です。

    翻訳元のスレッドは、以下の場所にあります。

    https://social.msdn.microsoft.com/Forums/windowsapps/en-US/a2cc8203-d728-4254-a6e0-91f7a6d1c346/

    2015 年  1 月  1 日以降、Windows Phone 7.x デバイスの開発者アンロックができなくなります。

    テスト目的で、開発者アンロックを行いたい場合、必ず 2014 年 12 月 31 日までに完了してください。
    ロック解除から 24 ヶ月間アンロック状態で使用可能です。

    デバイスを 2014 年 12 月 31 日までにアンロックしない場合、Visual Studio 経由での実機によるテストはできなくなります。

    Visual Studio の Windows Phone エミュレーターや Dev Center (初回のみ有償。次年度以降無償。) からベータ版として限定公開することで、引き続き実機テスト可能です。
    (ベータ版限定公開機能は、Microsoft アカウントを指定することで、1000 アカウントまで実機にインストールすることができます。)

    この変更は、既に公開されている Windows Phone ストア アプリや、Windows Phone 7.x の実機に影響はありません。

    Windows Phone 7.x のみにしか対応していないアプリがあれば、この機会に Windows Phone 8 または 8.1 向けに対応する良い機会です。
    (開発者事務局では、日本における Windows Phone 8.x デバイスの販売予定に関する情報は持ち合わせていません。)

    ***

    ここからは原文に書いてありません。

    開発者アンロックしたデバイスのデバイス ID と、Microsoft アカウントは関連付けられます。

    開発者アンロック時に Microsoft アカウントを入力しますが、アンロック後にデバイスを初期化し、アンロック時に入力したのと異なる Microsoft アカウントで Windows Phone を再セットアップした場合、デバイスはアンロック状態になりませんので、ご注意ください。

    アカウント A でロック解除し、その後アカウント B で再セットアップ、アカウント B でアンロックすると、アカウント A でのアンロック履歴は削除され、アカウント B にロック履歴が変更される仕様になっています。
    (最後に関連付けた Microsoft アカウントでアンロック履歴が残ります。)

    ***

    最後に (繰り返しになりますが) Dev Center 内からベータ版として限定公開することで、引き続き実機テスト可能です。
    (全くできなくなるわけではありません。こちらは開発者アンロック不要です。)


    山川 直美 – Microsoft Support

    2014年11月5日 2:36