none
WDKに含まれるATLやMFCについて

    質問

  • WDK7やWDK6に含まれている、ATL7.0や3.0や2.0を利用してビルドしたCOMサーバー(EXEやDLL)というのは、自作ツールに含めて公開してよい(再配布可能?)のでしょうか?
    また、同じようにMFCについても、どうなのでしょうか。

    lisence.rtfを見ても、その点のライセンス規定がよくわかりませんでした。

    よろしくお願いいたします。
    2010年3月24日 16:15

回答

  • 的外れな返信かもしれませんが....

    再配布可能なのは、redist.txt にリストされているファイルだけだと思います。
    (lisence.rtf の中にも、そのような内容が書いてあるような気がします。)
    確実な情報が必要なのであれば、MS のサポート部門に問い合わせるのが無難だと思います。

    • 回答としてマーク sea_show 2010年4月7日 12:04
    2010年3月25日 4:31

すべての返信

  • 的外れな返信かもしれませんが....

    再配布可能なのは、redist.txt にリストされているファイルだけだと思います。
    (lisence.rtf の中にも、そのような内容が書いてあるような気がします。)
    確実な情報が必要なのであれば、MS のサポート部門に問い合わせるのが無難だと思います。

    • 回答としてマーク sea_show 2010年4月7日 12:04
    2010年3月25日 4:31
  • すみません「再配布可能」だと意味が違いました。
    ATLをつかってビルドしたものを公開するのがどうなのかという話なので、それは再配布とは違いますね。


    WDKにATLがついている意図はおそらく、UMDFドライバをビルドするとか、WMIにアクセスするとかなのでしょう。

    また、こんな一文を見つけました。ドライバーに関係するモノの開発になら使っていい・・のでしょうかね・・??

    /*
    http://www.microsoft.com/japan/whdc/devtools/wdk/RelNotesW7.mspx#EOD

    [2009 年 8 月] ATL のベスト プラクティス - Visual Studio リリースの使用

    ATL は、ドライバー用の Windows アプレットを作成する必要のあるドライバー開発者の
    便宜のために WDK に含まれています。
    ATL は、この範囲を越えたソフトウェア開発のために使用しないでください。Visual
    Studio を通して利用可能な ATL は、
    より完全でより最新のライブラリを提供しており、ソフトウェアと Web アプリケーショ
    ンの開発用に使用される必要があります。
    Visual C++ Express Edition は、MSDN から無償で利用可能です。
    */

    ちょっとサポートに聞いてみます。
    ありがとうございます。

    開発ブログ http://d.hatena.ne.jp/sea-show/searchdiary?word=*[Develop]
    2010年4月7日 11:49