none
Visual Studio Express 2013 のデバッグ時にウィンドウがたくさん開いて固まる RRS feed

  • 質問

  • Visual Studio Express 2013 for Windows Desktop にてデバッグを開始すると
    ウォッチ1~4など多数のウィンドウ(10ちかく)が勝手に開き、Visual Studioがフリーズしてしまいます。

    ウォッチウィンドウなどはもともと表示していなかったのですが、OSをシャットダウンして翌日VSを起動するとこのような現象が発生してしまい、デバッグができません。
    また、連続して同じ位置にウィンドウが開くため、ウォッチ1~4以外はどのウィンドウなのか確認ができていません。
    新規プロジェクトでも同様の現象が発生します。

    Visual C++ 2008 Express Editionで、デバッグを行うと大量のウィンドウが表示される
    http://social.msdn.microsoft.com/Forums/vstudio/ja-JP/847e86de-8dfc-45d8-a21c-0855127496a2/action?threadDisplayName=visual-c-2008-express

    というスレッドは拝見しましたが、こちらは×ボタンでウィンドウを閉じることができたようです。
    私の環境では、大量のウィンドウが開ききるとフリーズしてしまい、手出しができません。

    また、Visual Studio の修復インストールも行いましたが現象が改善されません。

    直し方をご存知の方がおられましたら、ご教示いただけませんでしょうか?

    当方の環境を以下に記述いたします。
    OS:Windows 8.1 Update 1
    CPU:Intel Core i5 4200U
    RAM:16GB
    STORAGE:SSD256GB

    Visual Studio Express 2013 for Windows Desktop
    Version: 12.0.21005.1 REL

    宜しくお願いいたします。




    • 編集済み Kurogo_BB 2014年6月9日 10:15
    2014年6月9日 10:11

回答

  • 申し訳ありません。

    自己解決いたしました。

    私のパソコンに Team Viewer 9 がインストールされているのですが、それを終了したところ現象が改善されました。
    どうもクイック接続機能というのがデバッグを阻害していたようです。
    機能を無効化するだけでも良さそうです。

    お恥ずかしい内容で投稿してしまい失礼いたしました。

    • 回答としてマーク Kurogo_BB 2014年6月9日 10:35
    2014年6月9日 10:35