locked
クラスライブラリでリソースの参照 RRS feed

  • 質問

  • Visual Studio 2008 を使ってSilverLight 2.0アプリケーションを作っています。
    このアプリケーションでは、App.xamlにブラシ等を定義してこれを使いまわすようにしています。

    このソリューションに追加する形でSilverLightクラスライブラリを作成して、上記アプリケーションにコントロールを提供するようにしました。

    ここでいくつか質問が出ました。

    1.SilverLightクラスライブラリではアプリケーションでのApp.xamlに記述ような感じの、共通リソースみたいなものはもてないのでしょうか?

    2.クラスライブラリからApp.xaml内のリソースを参照させておいても実行時には問題なく表示できるのですが、Visual Studioでのデザイン時に(当たり前ですが)リソースが無いということでプレビューが出てくれません。何とか回避する方法はないものでしょうか?

    3.上記2.に関連するのですが、XAML内のある部分をコンパイル時(もしくはRelease時)のみ無効にするようなことはできないのでしょうか?(これができればプレビュー用にダミーのリソースをxamlに書いておけるんですけど・・)



    うまく説明できているか不安ですが、解決策等がありましたらよろしくお願いします。
    2009年3月11日 6:43

回答

  • 質問してから10日が経ち投げっぱなしはよくないと思うので 、自己レスというか現在私が使っている方法を書いておきます。


    今回私がしたかったのはSilverLightアプリケーションのApp.xamlをデザイン時のSilverLightクラスライブラリで参照したい、ということだったので、レイアウトを作る時はExpression Blend 2を使用するようにしました。(上記質問の2の回答ということになるでしょうか)
    Blendだと同一ソリューションにある別プロジェクトのApp.xamlを見てくれるみたいで、表示も正しいですしGUIからブラシ等の選択もできました。

    XAMLエディタでインテリセンスが出ないのでVisual Studioを使っていたのですが、Blend3なら出てくれるみたいですししばらくはBlendとVisuas Studioを行ったり来たりすることにします。
    • 回答としてマーク puni 2009年3月21日 0:52
    2009年3月21日 0:51