none
VS2019の下位バージョン(VC2015,17)コンパイル RRS feed

  • 質問

  • VS2019のインストール構成について勉強中です.

    VC++の開発環境の構築を考えているのですが、

    ・MFCアプリケーションを作成するには、

    「v142ビルドツール用C++MFC(x86およびx64)」にチェック

    ・ATLを使用したCOMを作成するには、

    v142 ビルド ツールの C++ ATL (x86 & x64)」にチェックを入れて

    インストールと思っています。

    気になる点として、

    VS2015(MSVC140)、VS2017(MSVC141)のプラットフォームツールセットをインストールしたとき、

    各v140,v141ビルドツール用のMFC、ATLはどのようにインストールされるのでしょうか?


    2020年3月17日 4:34

すべての返信

  • MFCアプリケーションをコンパイルするのに、

    VS2019で、プラットフォームツールセットをv142、v141、v140でそれぞれビルドを実行
    v142ビルドツール用C++ATL(インストール済み)
    ・v142ビルドツール用C++MFC(インストール済み

    v141のみコンパイルに失敗します。
    >\framework.h(14): fatal error C1083: include ファイルを開けません。

    追加で、次をインストールしたところ、v142、v141、v140でビルドが成功しました。

    v141ビルドツール用C++ATL
    ・v141ビルドツール用C++MFC

    質問ですが、v140はなぜビルドが成功するのでしょうか?

    2020年3月18日 1:05
  • VS2019インストーラーについてですね?

    VC2017についてはVC2019と同様にATL v141およびMFC v141が用意されているのでそれを選択することになります。

    VC2015についてはディレクトリ構成の都合なのか、ATLおよびMFCはコンパイラーと同時にインストールされます。

    # 具体的な項目名は言語依存です。日本語版は項目毎に思い思いに翻訳されていて統一感がないです。英語版は読みやすい表記できちんと並ぶんですが…。

    2020年3月18日 1:20
  • Brilliaさん、こんにちは。フォーラムオペレーターのクモです。
    MSDNフォーラムにご投稿くださいましてありがとうございます。

    Visual C ++ 2015ビルドツールは完全に独立しており、ネイティブ マルチターゲットに参加しません。

    MSVC v140-VS 2015 C ++ビルドツール(v14.00)をインストールするだけでいいです。

    どうぞよろしくお願いいたします。 

    MSDN/ TechNet Community Support Kumo ~参考になった投稿には「回答としてマーク」をご設定ください。なかった場合は「回答としてマークされていない」も設定できます。同じ問題で後から参照した方が、情報を見つけやすくなりますので、 ご協力くださいますようお願いいたします。また、MSDNサポートに賛辞や苦情がある場合は、MSDNFSF@microsoft.comまでお気軽にお問い合わせください。~


    2020年3月19日 9:22
    モデレータ