none
VBAのWorkbooks.Open関数を Catalina(MacOS)+Excel2016で実行すると、「アクセス権の付与」を与えるダイアログが出る。 RRS feed

  • 質問

  • Excel 2016 for Mac のVBAで、ご質問させて下さい。

    ----------------------------------------------------------------------
    Filepath = Application.Path & Application.PathSeparator & "test.csv"
    Workbooks.Open(Filepath, ReadOnly:=True)
    ----------------------------------------------------------------------

    上記のコードは、以下の環境ではこれまで問題ありませんでした。

      Windows 7, Excel2010
      Windows 7, Excel2013
      Windows 7, Excel2016
      Windows 10, Excel2016
      Windows 10, Excel for Office365
      Mac Mojave, Excel 2011 for Mac

    ところが、以下の環境で同じコードを実行すると、
    「ファイルを開くダイアログ」が起動し、「アクセス権の付与」というボタンが出現します。

      Mac Catalina, Excel 2016 for Mac

    ここで「アクセス権の付与」ボタンを押せば、一応、ファイルを開くことは可能で、
    以降に同じコードでそのファイルを開く場合は「アクセス権の付与」のダイアログは出なくはなりますが、
    このダイアログを出なくする方法はあるでしょうか?

    なお、最初、「アクセス権の付与」というダイアログが出た時、

    ファイルのパーミッション(read権やwrite権)が無いと思ってしまいましたが、

    「ファイルの情報」を確認したところ、ファイルに読み込み権と書き込み権はありました。

    このコードをループで回して大量のファイルを処理したいのですが、
    Catalina+Excel2016の環境でも利用するようになり、
    開くファイルの数だけ「アクセス権の付与」のダイアログが出るようになって、困っています。

    お手数をおかけしますが、解決策があるのかないのか、
    もしあるようでしたら、その方法について、ご指南頂けますと幸いです。
    2020年4月19日 16:58