none
.Netのテスト密度につきまして RRS feed

  • 質問

  • お世話になります。

    .Netでコーディングされたものをテストするために、以下の枠でテスト密度を探しておりまます。

    →下限、25P(パーセンタイル)、中央値、75P(パーセンタイル)、上限
    すくなくとも「中央値」の情報を入手したいところです。

    *産業指標として、IPAではJava, C, COBOL, VBのテスト密度の調査や記載はあっても.Netは言及していないようですね。

    経験測(Expart Judgement)から「このくらい」というご意見もお伺いしたく。

    よろしくお願いいたします。

    2016年6月21日 9:21

すべての返信

  • まず「.Netでコーディング」がなんであるかを定義しないことにはテストを行えないはずですので、その点について明確にしてください。
    2016年6月21日 13:41
  • 作成対象に対してテストをイメージされるということで、テスト観点のマッピングと観点網羅を評価基軸にすることがお好みでしょうか。

    (個人的な)夏休みの実験課題として、.Netが世の中でメジャーな一つであるけれども、IPAのテスト密度調査のターゲットには入っていないということで、残念でした。

    テスト密度は様々な評価指標の中でも、全体をカバーして、ざっくりとテスト工程の方向性を示して年単位でトラッキングするに足る、面白い指標だと思っています。

    開始地点を何かで代用して、統計ソフトに.Netでのデータポイントを打ち込んで自作すると一定の方向性が見えてくる、が解でしょうか。
    2016年6月22日 3:10
  • 言い換えます。まずは「.Netでコーディング」で想定されているソースコードの拡張子を提示してください。テスト対象が提示されないことにはテスト密度を議論できないことは自明です。
    • 回答の候補に設定 星 睦美 2016年6月24日 0:48
    2016年6月22日 12:52
  • いわゆる .NET は言語に依存しない、クラスライブラリや実行環境です。
    「.NET でコーディングされたもの」は、極端な例で言うと「Windows でコーディングされたもの」と言われていることと本質的に同じです。

    そういった概念であることをご存じなかったのであれば、軌道修正を図った方が良いでしょう。
    「夏休みの実験課題」が何を指しているのかわかりませんが、実感がないところを調べたり、論じたりしようとしてもうまくいかないので。

    2016年6月22日 12:56
    モデレータ