none
Microsoft Visual Studio Installer Projects と XML-Document-Transform の併用について RRS feed

  • 質問

  • Microsoft Visual Studio Installer Projects と XML-Document-Transform の併用について、質問させていただきます。

    どなかたよろしくお願いいたします。

    1.当方の開発環境

      ・Microsoft Visual Studio Professional 2017 (Version 15.9.5)

      ・Microsoft Visual Studio Installer Projects (Version 0.9.0)

    2.開発中のアプリ

      ・Visual C# -> Windows デスクトップ -> WPFアプリ と WCFサービスアプリケーション

    3.概要

     ・構成でDebugとReleaseがあり、App.configの設定値(WCFのアドレスなど)をそれぞれ異なる値を設定し、

       ビルド(リビルド)時にXML-Document-Transformによる変換を行っている。

       Microsoft Visual Studio Installer Projects によるセットアッププロジェクトでもこの変換結果をインストール内容に含めたい。

    4.状況

     ・WPFアプリ側のプロジェクトでは正常に変換ができており、それぞれ内容が異なるApp.config(実際は[モジュール名].exe.config)が生成されている。

     ・セットアッププロジェクトでリビルドを行うと、App.configは変換され想定通り、App.configが生成されている。

     ・セットアッププロジェクトでビルドを行うと変換されず、変換前のApp.configがコピーされている。

    5.やりたいこと  

     ・セットアッププロジェクトでビルドを行うと変換後のApp.configがコピーされるようにしたい。

    2019年1月26日 13:30

すべての返信

  • ここに書かれているやりかたで変換したら変換後のファイルがインストーラーに含まれました。

    ビルド後にコピーするやり方を試したら変換前のファイルが含まれてしまったので、変換のタイミングをうまいことMSBuildに組み込まないといけないのかも。


    個別に明示されていない限りgekkaがフォーラムに投稿したコードにはフォーラム使用条件に基づき「MICROSOFT LIMITED PUBLIC LICENSE」が適用されます。(かなり自由に使ってOK!)

    2019年1月26日 17:58
  • gekka様

    ご回答ありがとうございました。

    XML-Document-Transformによる実装はすでにできておりまして、そのプロジェクト単体では変換されることを確認しております。

    Installer Projects側で想定の動きをしないため質問させて頂いております。

    1.ビルドすると、変換前のApp.configがコピーされる。<=想定外の動き

      ↑gekka様の環境ではこちらも正常にコピーされますか?

    2.リビルドだと、変換後のApp.configがコピーされる。<=想定の動き


    2019年1月28日 2:49