none
SQLServerに接続できなくなる現象 RRS feed

  • 質問

  • 初めて投稿させていただきます。よろしくお願いします。

    SQLServerをDBとするC/Sシステムがあります。
    環境としては、以下のようなものになります。

    ■動作環境
    <サーバ>
    Windows Server 2003 R2 SP2
    SQL Server 2000 StandardEditon
    メモリ 4G バイト(実質1Gバイト未満の使用状況です)
    <PC>
    Windows7(XPモード)または WindowsXP
    PGはVB.Net2010で構築。ADO.NetでSQLServerに接続しています。

    システムとしては、PCのWindows画面からアプリケーションを起動して、
    各サブシステム単位で画面を開き、それぞれSQLServerに接続して、
    データの参照・更新を行っているシステムになります。

    ■現象および対策
    このようなシステムで、忙しくない時期は問題なく動作しているのですが、
    月末等の繁忙期になったとき、集中して使う時間帯(夕方くらい)になると、
    各利用者さんが複数のサブシステムを開いて作業をはじめると、あるタイミングで
    サーバ(SQLServer)に接続できなくなる現象が発生していて、サーバを再起動するか
    SQLServerを再起動するしかなくなります。
    パフォーマンスモニタでSQLServerのUserConnectionを監視するようにしましたが、
    100を超えたあたり(100-108くらい)でSQLServerに接続できなくなる現象が
    発生します。
    そこで、SQLServerを以下のような設定で、運用をしてみましたが、
    やはり、UserConnectionが100を超えたあたりで、接続できなくなる現象は発生
    します。
    ・同時ユーザ接続の最大値:500(0)
    ・起動パラメータ(追加分);”-g 512” 
    OS,SQLServerともCALは同時接続数で20にしています。

    このような状態で、解決策が見当つきません。というか、どこに原因があるのかが
    不明です。解決策をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授いただけると幸いです。
    よろしくお願い致します。


    2013年10月3日 5:13