none
Windows Media Player COM の配布について RRS feed

  • 質問

  • Visual Studio 2013 Pro(一括購入品)でVisualBasic「Windowsフォーム」の新規プロジェクトを生成し

    メインフォーム→ツールボックス→全般を右クリック→アイテムを選択→COMコンポーネント→WindowsMediaPlayer(wmp.dll)をチェック

    メインフォームへMediaPlayerを貼り付けてアプリケーションを作成しますが、実行ファイルとDLL(AxInterop.WMPLib.dll、Interop.WMPLib.dll)を

    会社の製品ソフトとして他の会社に配布(商用利用?)する事は可能でしょうか?(それとも有償でしょうか? ※)

    ※これがSDKに該当するか不明ですが、何もしなくてもVS2013に入っていたモノです。 又、Media Playerについてのライセンス記述が

       結構古く2001年~2003年位のドキュメントしか出てきません。

    2018年1月30日 6:37

回答

  • https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/desktop/dd564585(v=vs.85).aspx

    上記のページに、該当 DLL の説明として

    「アプリケーションを配布するときは、AxInterop.WMPLib.dllとInterop.WMPLib.dllをアプリケーションフォルダにインストールしてください。必要なWindows Media Playerのバージョンがユーザーのコンピュータにインストールされていることも確認する必要があります。」(日本語訳)

    という記述がありました。私個人の印象としては、有償/無償に関わらず再配布は OK なのではと思いましたが、ライセンスの範疇なので最終的な確認はマイクロソフトにお問い合わせするのが確実かと思います。

    2018年1月30日 7:05
  • AxInterop.WMPLib.dll及びInterop.WMPLib.dllは正確にはWindows Media Player COMとはほとんど関係がありません。

    Aximp.exe (Windows フォーム ActiveX コントロール インポーター)及びTlbimp.exe (タイプ ライブラリ インポーター)によって生成されたものであり、実行ファイルの一部です。内容としましてはWindows Media Player COMで定義されている型情報を.NETで再定義しているだけです。
    Visual Studio IDE上でツールボックスに登録する操作を行うと、Visual Studioは裏で上記2ツールを実行し両DLLを生成しています。もちろん、ドキュメントで紹介されている各種引数を指定して独自に生成を行うこともできます。

    このような事情ですので、再頒布権を気にする必要はなく、メインのEXEと同じ扱いで構いません。

    2018年1月30日 8:21
  • 詳細なご回答を頂きありがとうございます。

    両DLL共に非常にサイズが小さく改めて調べてみましたが、

    どうもラッパーDLLだという事が分かりました。

    (ご説明の通り再配布は問題ないようです。)


    2018年2月1日 2:41

すべての返信

  • https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/desktop/dd564585(v=vs.85).aspx

    上記のページに、該当 DLL の説明として

    「アプリケーションを配布するときは、AxInterop.WMPLib.dllとInterop.WMPLib.dllをアプリケーションフォルダにインストールしてください。必要なWindows Media Playerのバージョンがユーザーのコンピュータにインストールされていることも確認する必要があります。」(日本語訳)

    という記述がありました。私個人の印象としては、有償/無償に関わらず再配布は OK なのではと思いましたが、ライセンスの範疇なので最終的な確認はマイクロソフトにお問い合わせするのが確実かと思います。

    2018年1月30日 7:05
  • 早々の答えを頂きありがとうございます。

    「・・最終的な確認はマイクロソフトにお問い合わせ・・」とコメントがありますが、

    具体的にどのような手法でマイクロソフトさんに問い合わせをすれば良いのでしょうか?

    (何か年間契約的なモノが無いと問合せは難しいというのが、当方の考えだったのですが・・)

    2018年1月30日 7:18
  • フォーラムでご質問頂くにあたっての注意点
    https://social.msdn.microsoft.com/Forums/ja-JP/ca9ecfb7-4407-4fcb-b8bd-207d68257e68

    上記リンク先の「ライセンスに関して」という項目内に「ライセンスに関するお問い合わせ先」が記載されております。

    すみません。有償の契約が必要かどうかは分からないのですが、一度連絡をしてみてはいかがでしょうか?
    2018年1月30日 7:39
  • AxInterop.WMPLib.dll及びInterop.WMPLib.dllは正確にはWindows Media Player COMとはほとんど関係がありません。

    Aximp.exe (Windows フォーム ActiveX コントロール インポーター)及びTlbimp.exe (タイプ ライブラリ インポーター)によって生成されたものであり、実行ファイルの一部です。内容としましてはWindows Media Player COMで定義されている型情報を.NETで再定義しているだけです。
    Visual Studio IDE上でツールボックスに登録する操作を行うと、Visual Studioは裏で上記2ツールを実行し両DLLを生成しています。もちろん、ドキュメントで紹介されている各種引数を指定して独自に生成を行うこともできます。

    このような事情ですので、再頒布権を気にする必要はなく、メインのEXEと同じ扱いで構いません。

    2018年1月30日 8:21
  • 詳細なご回答を頂きありがとうございます。

    両DLL共に非常にサイズが小さく改めて調べてみましたが、

    どうもラッパーDLLだという事が分かりました。

    (ご説明の通り再配布は問題ないようです。)


    2018年2月1日 2:41
  • Syouichi_Osaki さん、こんにちは。フォーラム オペレーターの立花です。
    MSDN フォーラムをご利用くださいましてありがとうございます。

    フォーラム オペレーターからのお願いをさせください。

    参考になった投稿あった場合は、[回答としてマーク] を設定いただき、
    同じ問題でお困りの方へ、情報をご提供いただけると幸いです。

    ご協力の程、どうかよろしくお願いいたします。


    参考になった投稿には回答としてマークの設定にご協力ください
    MSDN/TechNet Community Support 立花楓

    2018年2月1日 2:53
    モデレータ