none
トランザクションレプリケーションのエラー確認について RRS feed

  • 質問

  • SQLサーバー間でのトランザクションレプリケーション処理において、何らかの理由によりパブリッシャ側のサーバーからデータが取得できない場合、サブスクライバまたはディストリビュータ側のシステムテーブルやプロシージャの実行により、その死活状態を把握することは可能でしょうか?

    2016年12月13日 2:34

回答

  • レプリケーションモニタで確認する

    または

    対象のレプリケーションのログリーダーエージェント、ディストリビューションエージェントが動作しているかどうかの確認ではだめですか?

    エージェントのジョブのヒストリ(履歴)で成功、失敗を確認する。(失敗の通知設定をすればイベントログに出力されるはず)

    パブリッシャー、サブスクライバーでデータ件数を比較する。

    ストアドプロシージャでということでしたらsp_help_jobhistoryを使用するとジョブの状態を取得できたと思います。

    • 回答としてマーク NY_8712 2016年12月14日 4:50
    2016年12月13日 2:54

すべての返信

  • レプリケーションモニタで確認する

    または

    対象のレプリケーションのログリーダーエージェント、ディストリビューションエージェントが動作しているかどうかの確認ではだめですか?

    エージェントのジョブのヒストリ(履歴)で成功、失敗を確認する。(失敗の通知設定をすればイベントログに出力されるはず)

    パブリッシャー、サブスクライバーでデータ件数を比較する。

    ストアドプロシージャでということでしたらsp_help_jobhistoryを使用するとジョブの状態を取得できたと思います。

    • 回答としてマーク NY_8712 2016年12月14日 4:50
    2016年12月13日 2:54
  • BadCompany様

    ご回答いただきありがとうございました。

    msdbに存在する「sq_help_jobhistory」で目的が果たせそうです。

    • 回答としてマーク NY_8712 2016年12月14日 4:50
    • 回答としてマークされていない NY_8712 2016年12月14日 4:50
    2016年12月14日 4:49