none
VS2019で作成したアプリを実行するのに必要な.NET Framework 3.5がwindows10にはない? RRS feed

  • 質問

  • 前回の投稿のようにセットアッププロジェクトを作成しようとしていますが,@kitのVS2017に関する記事
    https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1707/14/news031_6.html に

    「VS 2017で作成したアプリを実行するには、その実行環境にアプリが動作対象としているバージョンの.NET Frameworkがインストールされている必要があるが,、Windows 10には.NET Framework 3.5 SP1がインストールされていない」

    とあったので,詳しく確かめることはできないのですが自分のPCには.NET Framework 4.0までが入っているように思えます。VS2019でも同じということであれば,インストール時に.NET Framework 3.5 SP1をダウンロードさせる方法を考えねばなりません。

    上記の記事は本当なのでしょうか?おたずねします。



    • 編集済み goodwave 2019年6月29日 18:06
    2019年6月29日 17:52

回答

  • Visual Studio は、そのアプリが動作する .NET Framework のバージョンを選べます。

    ですので、実行環境に入っているバージョンに合わせて作成すればよい話です。

    • 回答としてマーク goodwave 2019年6月29日 23:33
    2019年6月29日 19:16
  • Windows 10には.NET Framework 3.5 SP1がインストールされていない

    .NET Framework 3.5 は Windows 10 に含まれているのでダウンロードする必要はありません。しかし既定ではインストールされておらず、コントロール パネルの『機能の有効化または無効化』で有効化する必要があります。

    機能の有効化または無効化

    自分のPCには.NET Framework 4.0までが入っているように思えます。

    CLR 4 はインプレース更新です。また Windows 10 の場合、初期バージョン(1507)だったとしても 4.6 が組み込まれています。

    ですから、4.6 未満のバージョンとなる .NET Framework 4 は通常インストールできないと思います。(Visual Studio のターゲット フレームワークとすることはできますが)

    • Win10 1507 :4.6 を既定で含む。4.6.1 / 4.6.2 をインストール可能。
    • Win10 1511 :4.6.1 を既定で含む。4.6.2 をインストール可能。
    • Win10 1607 :4.6.2 を既定で含む。4.7 / 4.7.1 / 4.7.2 / 4.8 をインストール可能。
    • Win10 1703 :4.7 を既定で含む。4.7.1 / 4.7.2 / 4.8 をインストール可能。
    • Win10 1709 :4.7.1 を既定で含む。4.7.2 / 4.8 をインストール可能。
    • Win10 1803/1809 :4.7.2 を既定で含む。4.8 をインストール可能。
    • Win10 1903 :4.8 を既定で含む。

    [.NET Framework バージョンおよび依存関係] および [.NET Framework のシステム要件] も参照してみてください。

    • 回答としてマーク goodwave 2019年6月29日 23:33
    2019年6月29日 19:50

すべての返信

  • Visual Studio は、そのアプリが動作する .NET Framework のバージョンを選べます。

    ですので、実行環境に入っているバージョンに合わせて作成すればよい話です。

    • 回答としてマーク goodwave 2019年6月29日 23:33
    2019年6月29日 19:16
  • Windows 10には.NET Framework 3.5 SP1がインストールされていない

    .NET Framework 3.5 は Windows 10 に含まれているのでダウンロードする必要はありません。しかし既定ではインストールされておらず、コントロール パネルの『機能の有効化または無効化』で有効化する必要があります。

    機能の有効化または無効化

    自分のPCには.NET Framework 4.0までが入っているように思えます。

    CLR 4 はインプレース更新です。また Windows 10 の場合、初期バージョン(1507)だったとしても 4.6 が組み込まれています。

    ですから、4.6 未満のバージョンとなる .NET Framework 4 は通常インストールできないと思います。(Visual Studio のターゲット フレームワークとすることはできますが)

    • Win10 1507 :4.6 を既定で含む。4.6.1 / 4.6.2 をインストール可能。
    • Win10 1511 :4.6.1 を既定で含む。4.6.2 をインストール可能。
    • Win10 1607 :4.6.2 を既定で含む。4.7 / 4.7.1 / 4.7.2 / 4.8 をインストール可能。
    • Win10 1703 :4.7 を既定で含む。4.7.1 / 4.7.2 / 4.8 をインストール可能。
    • Win10 1709 :4.7.1 を既定で含む。4.7.2 / 4.8 をインストール可能。
    • Win10 1803/1809 :4.7.2 を既定で含む。4.8 をインストール可能。
    • Win10 1903 :4.8 を既定で含む。

    [.NET Framework バージョンおよび依存関係] および [.NET Framework のシステム要件] も参照してみてください。

    • 回答としてマーク goodwave 2019年6月29日 23:33
    2019年6月29日 19:50
  • koz6.oさん,魔界の仮面弁士さん,ありがとうございました。
    2019年6月29日 23:32
  • その実行環境にアプリが動作対象としているバージョンの.NET Frameworkがインストールされている必要があるが

    ここを読み違えています。アプリの動作対象が.NET バージョンxとしたら、実行環境にバージョンxのインストールが必要、という当たり前のことを言っているだけです。

    アプリの動作対象バージョンについて、KOZ6.0さんから「Visual Studio は、そのアプリが動作する .NET Framework のバージョンを選べます」と回答がありますが、詳しくは

    • Visual Studioはアプリを作成する際に基準となる.NET Frameworkのバージョンを選べます
    • 選んだバージョンが既定の動作対象バージョンとなります
    • 動作対象バージョンは変更できます

    .NET Framework 4 以降のバージョンで実行できるようにアプリを構成するにはで説明されていますが、アプリケーションをどのようにコンパイルしたかとは無関係に、App.config(アプリケーション構成ファイル)のsupportedRuntimeの記述によって動作対象の.NET Frameworkバージョンを指定・変更できます。

    2019年6月29日 23:45