none
タスクスケジューラーの「継続時間」が想定より1回分少ない RRS feed

  • 質問

  • タスクスケジューラーの監視で毎日6:00から繰り返し間隔1時間、継続時間1日で設定していました。
    バックアップの関係で、4:00と5:00の監視は外して欲しいとの依頼で下記のように変更しました。

    毎日6:00から繰り返し間隔1時間、継続時間22時間

    1日経過して監視のイベントを確認すると、3:00の監視が動作していませんでした。

    試しに、日単位21:30開始で、2分間隔で6分継続に設定してみました。
    30分、32分、34分にしか動作せず、34分の後の次回実行は翌日の21:30になっていました。
    6分継続のはずですが・・・


    継続時間の計算はおかしくないでしょうか?


    そういう仕様なら設定を想定より1回分多くすればいいだけなんで、その設定にしますが、
    なんか計算的に納得いかない。
    2020年12月9日 2:16

回答

  • 今回の動作のような曖昧さを排除したいのであれば、
    1 つのタスクに対して 06:00、07:00、…と 22 個のトリガーを登録する手もあります。
    登録の手間はかかりますが、04:00/05:00 の回が排除されていることが分かりやすくなるかも。

    今回の動作が想定通りであったかどうかはさておき、タスクスケジューラーの
    間隔と継続時間について、仕様として書かれている資料はこのあたりにあるようです。

    https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/win32/taskschd/repeating-a-task



    2020年12月10日 2:00

すべての返信

  • そのまま継続時間22時間にしていて、今度は4:00まで監視が動作していました。

    設定を途中で変更した場合と連続して動作させた場合で回数が異なるのでしょうか。

    2020年12月10日 1:02
  • 今回の動作のような曖昧さを排除したいのであれば、
    1 つのタスクに対して 06:00、07:00、…と 22 個のトリガーを登録する手もあります。
    登録の手間はかかりますが、04:00/05:00 の回が排除されていることが分かりやすくなるかも。

    今回の動作が想定通りであったかどうかはさておき、タスクスケジューラーの
    間隔と継続時間について、仕様として書かれている資料はこのあたりにあるようです。

    https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/win32/taskschd/repeating-a-task



    2020年12月10日 2:00
  • 魔界の仮面弁士さん

    回答ありがとうございます。

    今回も4:00の監視が動作しました。
    継続時間は、基本は最後の1回は動作するという認識でいいようです。
    設定の途中変更後の初回のみ回数が合わないようなので、気を付ける必要がありそうです。
    2020年12月11日 0:54