none
ExpressRoute使用時の西日本-東日本間の通信 RRS feed

  • 質問

  • 拠点から、西日本DCの仮想ネットワークと、東日本DCの仮想ネットワークにExpressRouteで接続しようと思います。
    また、西日本DCのサーバーと、東日本とのサーバーとでファイルのやり取り(同期)をしたいと思います。

    質問1
    この時、ExpressRouteは2個契約すればいいのでしょうか。
    ExpressRouteを1契約すれば他のリージョンに接続できるとFAQにあるので、1個だけで大丈夫なのでしょうか。

    質問2
    西日本DCと東日本DCとの間で通信させるには、ExpressRoute経由で通信させればいいのでしょうか。
    それともExpressRoute経由ではだめで別途Site to SiteのVPNを設置する必要があるのでしょうか。
    S2S VPNだとGatewayが2個増えるので金額的に気になる部分です。

    よろしくお願い致します。


    • 編集済み honchun 2016年3月9日 9:06
    2016年3月9日 9:03

回答

  • こんにちは。

    少し補足を。

    >質問1
    >この時、ExpressRouteは2個契約すればいいのでしょうか。
    >ExpressRouteを1契約すれば他のリージョンに接続できるとFAQにあるので、1個だけで大丈夫なのでしょうか。

    質問の内容であれば、ExpressRoute の契約は 1 つで問題ありません。
    たとえば、西日本に ExpressRoute 契約いただければ、東日本にある Azure サービスにアクセスすることが可能です。
    ただし、日本リージョン (東日本、西日本) 以外のリージョンに対して他のリージョン (西ヨーロッパなど) ExpressRoute 接続したい場合は、Premium add-on オプションが必要になります。

    ・ExpressRoute の場所 | Microsoft Azure
      https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/expressroute-locations/

    >質問2
    >西日本DCと東日本DCとの間で通信させるには、ExpressRoute経由で通信させればいいのでしょうか。
    >それともExpressRoute経由ではだめで別途Site to SiteのVPNを設置する必要があるのでしょうか。
    >S2S VPNだとGatewayが2個増えるので金額的に気になる部分です。

    接続したいネットワークの構成にもよるとは思うのですが、ExpressRoute を契約した際、仮想マシンと通信を行う場合に Vnet と紐付ける必要がありますが、東日本の Vnet と西日本の Vnet であれば 1 つの ExpressRoute 契約でも問題なく紐付けることが可能です (最大 10 VNet まで)。
    この場合、東日本の Vnet と西日本の Vnet 間の通信はインターネット経由ではなく、マイクロソフトが持つコア ネットワーク経由となります。

    このあたりのルーティング方法に関しては、契約する接続パートーナー側にてお客様のネットワーク状況、使用したい Azure サービス、Office365に合わせて ExpressRoute の設計・設定することが多いため、そちら側に相談したほうがよいかと思います。

    ・Azure/Office 365 クラウドエクスチェンジサービス - IIJ
      http://www.iij.ad.jp/biz/cloudex/
    ・VPNサービス Arcstar Universal One(Multi-Cloud Connect for Microsoft Azure)|NTT Com 法人のお客さま
      http://www.ntt.com/vpn/data/op_azure.html
    ・Equinix Cloud Exchange | マルチクラウドアクセス
      http://www.equinix.co.jp/services/interconnection-connectivity/cloud-exchange/
    ・ダイレクトアクセス for Microsoft Azure | 法人のお客様 | SoftBank
      http://tm.softbank.jp/security/cloud_access/direct_access_for_az/

    2016年3月17日 10:10
  • こんにちは。

    東日本と接続するExpressRouteを1個契約して、西日本と東日本はAzureのサイト間接続(VPN)でつなぐ形になると思います。
    Azureのゲートウェイは1つでどちらも対応できたと思うので1個で大丈夫かと思われます。

    2016年3月14日 1:40
    モデレータ

すべての返信

  • こんにちは。

    東日本と接続するExpressRouteを1個契約して、西日本と東日本はAzureのサイト間接続(VPN)でつなぐ形になると思います。
    Azureのゲートウェイは1つでどちらも対応できたと思うので1個で大丈夫かと思われます。

    2016年3月14日 1:40
    モデレータ
  • こんにちは。

    少し補足を。

    >質問1
    >この時、ExpressRouteは2個契約すればいいのでしょうか。
    >ExpressRouteを1契約すれば他のリージョンに接続できるとFAQにあるので、1個だけで大丈夫なのでしょうか。

    質問の内容であれば、ExpressRoute の契約は 1 つで問題ありません。
    たとえば、西日本に ExpressRoute 契約いただければ、東日本にある Azure サービスにアクセスすることが可能です。
    ただし、日本リージョン (東日本、西日本) 以外のリージョンに対して他のリージョン (西ヨーロッパなど) ExpressRoute 接続したい場合は、Premium add-on オプションが必要になります。

    ・ExpressRoute の場所 | Microsoft Azure
      https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/expressroute-locations/

    >質問2
    >西日本DCと東日本DCとの間で通信させるには、ExpressRoute経由で通信させればいいのでしょうか。
    >それともExpressRoute経由ではだめで別途Site to SiteのVPNを設置する必要があるのでしょうか。
    >S2S VPNだとGatewayが2個増えるので金額的に気になる部分です。

    接続したいネットワークの構成にもよるとは思うのですが、ExpressRoute を契約した際、仮想マシンと通信を行う場合に Vnet と紐付ける必要がありますが、東日本の Vnet と西日本の Vnet であれば 1 つの ExpressRoute 契約でも問題なく紐付けることが可能です (最大 10 VNet まで)。
    この場合、東日本の Vnet と西日本の Vnet 間の通信はインターネット経由ではなく、マイクロソフトが持つコア ネットワーク経由となります。

    このあたりのルーティング方法に関しては、契約する接続パートーナー側にてお客様のネットワーク状況、使用したい Azure サービス、Office365に合わせて ExpressRoute の設計・設定することが多いため、そちら側に相談したほうがよいかと思います。

    ・Azure/Office 365 クラウドエクスチェンジサービス - IIJ
      http://www.iij.ad.jp/biz/cloudex/
    ・VPNサービス Arcstar Universal One(Multi-Cloud Connect for Microsoft Azure)|NTT Com 法人のお客さま
      http://www.ntt.com/vpn/data/op_azure.html
    ・Equinix Cloud Exchange | マルチクラウドアクセス
      http://www.equinix.co.jp/services/interconnection-connectivity/cloud-exchange/
    ・ダイレクトアクセス for Microsoft Azure | 法人のお客様 | SoftBank
      http://tm.softbank.jp/security/cloud_access/direct_access_for_az/

    2016年3月17日 10:10
  • ありがとうございました!
    かなりすっきり理解できました
    2016年3月31日 2:40