none
Visual C++ 2008 Express Editionで、デバッグを行うと大量のウィンドウが表示される RRS feed

  • 質問

  • Visual C++ 2008 Express EditionでTCP通信を行うプログラムを作成していたのですが、デバッグを開始すると、大量のウインドウが表示されてしまいます。

    前日まではこのようなことはなく、またプログラムの動作にも影響はないのですが、操作の邪魔なので表示しないように戻したいのです。

    ウォッチ、モジュール、レジスタ、メモリなどのウィンドウが表示されます。

    ご教授お願いします。

    2010年11月22日 9:33

回答

  • ウォッチ、モジュール、レジスタ、メモリなどのウィンドウが表示されます。

    ×ボタンで閉じたら良いのでは?
    一度開いておいたウィンドウの状態を覚えておいて、次回のデバッグ時に反映する仕組みですので、一旦閉じてしまえば、次は出なくなるはず。

    もし、×ボタンで消せない理由がある、×ボタンで消しても復活するなどあれば、もう少し細かい状況を説明してみてください。


    質問スレッドで解決した場合は、解決の参考になった投稿に対して「回答としてマーク」のボタンを押すことで、同じ問題に遭遇した別のユーザが役立つ投稿を見つけやすくなります。
    • 回答としてマーク VANLILY 2010年11月22日 11:52
    2010年11月22日 11:12
    モデレータ
  • 以前は新しくウィンドウを開くことはなく、画面下部に表示されていたのですが、なぜかそれがウィンドウになっていました。こちらにも心当たりのある方はいらっしゃいませんでしょうか。

    このあたりは「ドッキング」と呼ばれる仕組みです。

    あるウィンドウをタブでまとめるにはそのウィンドウをドラッグしてすでにあるウィンドウに重ねてください。
    端に配置するにはそのウィンドウをドラッグして、端の方に持って行き、端っこにひっついた影が現れた段階で離してください。
    タブでまとまっているところから外すには、そのタブをドラッグして別の場所に移動してみてください。

    このように、ドッキングの状態は自分で自由に変えられます。
    間違って、タブをドラッグしてドッキングを解除してしまったのかもしれません。


    質問スレッドで解決した場合は、解決の参考になった投稿に対して「回答としてマーク」のボタンを押すことで、同じ問題に遭遇した別のユーザが役立つ投稿を見つけやすくなります。
    • 回答としてマーク VANLILY 2010年11月22日 12:48
    2010年11月22日 12:38
    モデレータ

すべての返信

  • ウォッチ、モジュール、レジスタ、メモリなどのウィンドウが表示されます。

    ×ボタンで閉じたら良いのでは?
    一度開いておいたウィンドウの状態を覚えておいて、次回のデバッグ時に反映する仕組みですので、一旦閉じてしまえば、次は出なくなるはず。

    もし、×ボタンで消せない理由がある、×ボタンで消しても復活するなどあれば、もう少し細かい状況を説明してみてください。


    質問スレッドで解決した場合は、解決の参考になった投稿に対して「回答としてマーク」のボタンを押すことで、同じ問題に遭遇した別のユーザが役立つ投稿を見つけやすくなります。
    • 回答としてマーク VANLILY 2010年11月22日 11:52
    2010年11月22日 11:12
    モデレータ
  • ×ボタンで閉じることができました。また、再度デバッグしても表示されなくなりました。ありがとうございます。

    以前は新しくウィンドウを開くことはなく、画面下部に表示されていたのですが、なぜかそれがウィンドウになっていました。こちらにも心当たりのある方はいらっしゃいませんでしょうか。

    2010年11月22日 11:55
  • 以前は新しくウィンドウを開くことはなく、画面下部に表示されていたのですが、なぜかそれがウィンドウになっていました。こちらにも心当たりのある方はいらっしゃいませんでしょうか。

    このあたりは「ドッキング」と呼ばれる仕組みです。

    あるウィンドウをタブでまとめるにはそのウィンドウをドラッグしてすでにあるウィンドウに重ねてください。
    端に配置するにはそのウィンドウをドラッグして、端の方に持って行き、端っこにひっついた影が現れた段階で離してください。
    タブでまとまっているところから外すには、そのタブをドラッグして別の場所に移動してみてください。

    このように、ドッキングの状態は自分で自由に変えられます。
    間違って、タブをドラッグしてドッキングを解除してしまったのかもしれません。


    質問スレッドで解決した場合は、解決の参考になった投稿に対して「回答としてマーク」のボタンを押すことで、同じ問題に遭遇した別のユーザが役立つ投稿を見つけやすくなります。
    • 回答としてマーク VANLILY 2010年11月22日 12:48
    2010年11月22日 12:38
    モデレータ
  • たいへんわかりやすい説明、ありがとうございました。

    再度ウィンドウを表示してみて、ドッキングを試してみます。

    2010年11月22日 12:48